読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

番外編:実を言うと、

ハルカです。

先日、髪を切ろうと思い立ち、美容院へと向かいました。ガッキ―の写真を見せながら、

 

「同じ髪型にしてください」

 

その注文通り20cmほど切ってもらうことができましたが、いざ仕上がると、ガッキ―ではなく明らかにちびまるこちゃん。少し残念ではあるものの、首元をすっきりさせることができたので、まあ問題なし。
しかしながら、図らずも2年ほど前の髪型とほぼ同様で、自分でも驚くばかりでした。そして、その当時何をしていたかをふと考えると…

 

f:id:harukurukurupa-ma:20170508172637j:plain

 

 

中国にいました。
これまでブログ内で触れたかどうか定かではありませんが、ハルカは大学在学中、中国へと留学していました。そしてここ数週間、入れ歯屋の社内でも「中国」の言葉がしばしば飛び交うようになったことも重なり、自分の留学生活を改めて思い返すように。驚くほどの指令を受けている今振り返ってみても、濃密な時間であったと感じるほど、さまざまな出来事に巡り合った一年間でした。

そこで、今回は番外編と称し、留学中の何気ない様子を記事にしようと考えました。現実感を出すべく、当時のfacebookの投稿をそのまま出してみる作戦です。手抜きではありません。

 

 

2015年6月3日 北京市

いまさっき自転車で学外まで出かけて行ったのですが、目的地に到着する直前に自転車のチェーンが外れました。
実を言うと、ここ最近は頻繁にこんなことがあったのですが、すべて学内で起きていたために、即座に直してもらっていました。学内あちこちに自転車屋さんがあります。
しかしながら今回は学外。自転車屋なんてどこにあるかわからないし、歩いて大学まで戻るのも少し悩む。自分でいじってみたものの、手が汚れるだけで何も変わらぬ。

そんなこんなでいろんな人(近くを通った人)に頼んだ結果、そのへんの警備員が直してくれました。

谢谢!

と大声で放ち、その場を離れた数秒後…
なんと、漕いでも漕いでも進まない。若干パニック。

すると、テンパる私の元に一人の男性が。なんでも、後ろ側のチェーンも外れていたらしく、サササッと直してくれました。
結局その後、無事に自転車で帰路に着いたわけです。
中国人、なんだかんだでみんな優しい。北京に来てからというもの、本当に人に恵まれて生きているハルカです。

自分も、他の人に親切を分けていけたら、世の中いいことだらけになれそう。

そんなことを考え、寮まであと約10メートルとなったその時。またチェーン外れちゃいました。
この調子でいくと、留学を終えて帰国する頃には自転車マスターになれるかも。



結論から申し上げると、この出来事の根源には「緩んだチェーン」がありました。
自転車のチェーンを新しくしてからというもの、同様の被害は全く起こらず、ハルカは自転車マスターとなることなく帰国したのでした。

<つづく>