社員旅行は沖縄がいいな、と思いつつ。

ハルカです。

いつだったか八景島シーパラダイスを訪れた際、釣り堀で魚を釣り、その場でさばいてもらったものを食べるという経験をしました。友人らは「俺、結構釣り好きなんだよね~」と他愛もない会話を交わし、ビギナー・ハルカも意気揚々と餌の小エビを針の先端につけます。

しかしいざ魚が釣れ始めると、皆が魚を直接触ることを躊躇い、針から外せないという事態に。仕方なく私が掴むと、周囲は悲鳴を上げ始める始末。釣り好きだと発した彼は果たして本当に釣りが好きなのか、その謎は明らかにされぬまま…。

 

f:id:harukurukurupa-ma:20180216170527j:plain

 

年末から不定期に開催されているハルキャンですが、ハルカが会いに行く機会にブログが追い付かず山盛り山盛り。ちなみに昨日も行ってきました。まだまだブログで報告していない方々とのお話もありますが、ご無礼は承知の上、昨日の出来事をひとつ。

 

 

これまで、ランチをしながら~や、お酒を片手に~といった場面が多くありましたが、昨日の集合時間は午後4時。今回はお茶をしながらなのか?と思いきや、向かった先は居酒屋でした。社長によると、

 

「毎朝3時に起きて活動し始める朝方の人だからさ。」

 

とのことでしたが、朝方というよりかはむしろ未明方…?

そんな未明様は矢面の「矢」、満月の「満」、田んぼの「田」を併せ持つ方で、読みは「やまだ」だそうです。「やまんた」という読みが起源とのことで、巨大エイのマンタ(オニイトマキエイ)を彷彿とさせる名前。実際のところ、マンタと変わらぬ懐の大きさを持ちえている感じ。決して思いつきで述べているわけではありませんが…。

ちなみにもうお一方いらっしゃり、その方は海洋生物で例えるとするならば  テッポウエビ。どこか類似した雰囲気をお持ちの方でした。

 

そんなお二方に社長とハルカを加えた4名で開催された「ハルカの悩みを聞く会。」

皆、「我こそは」と次々に声を発する中で、ハルカは一人ポカーンと固まるばかりでした。

マンタとテッポウエビと入れ歯の社長がアルコールを手に話をしていたら、それはもう目を瞠るばかりで言葉を口にすることは難儀であるとは、想像にも容易いものです。

 

話題に挙がる内容も様々で、「丸亀製麺ケニアに行った人がすごい」とか「ユニクロがぞくぞくする」といった真面目な話や、それらの合間に不意に挟まれるテッポウエビのボケ砲弾。しかも一同がガハガハと笑い、実は凄い方々なのだと忘れてしまうほど。

 

 

端的にまとめると、経営者も実は一人の人間で、造りは一般的なおじさんと何ら変わらないと気付いた一日でした。

個人的に、「経営者」という3文字には、ただひたすらに堅くまじめでどこか一匹狼のような一面を持つ情熱の権化を表すのだという思い込みがあったのだろうと、ハルカ自身が新たに発見したのです。

「実際のところ、もちろんそんな一面もどこかに携えつつ、楽しいことや非常に人間味のある姿も当然持ち合わせているんだな」なんて一緒にガハガハ笑いながら感じていたハルカなのでした。

 

要するに、自分の知る世界や自分の存在そのものはまだまだちっぽけなもので、タイの中心でコンフォートを叫ぼうが、ブログで叫ぼうが、死にはしないということです。

 

気張らず、楽しく働こうじゃありませんか!

 

<つづく>

ハルキャン編:要領が悪いのは生まれつき?

ハルカです。

最近、編み物がマイブームで数週間前からマフラーを編んでいます。しかしながらまだ初診者の中の初心者ゆえ、解らないことやミスも多々あります。今回は毛糸のゲージ数を見誤り、苦労して1模様を編み終えたところで「残り40玉の毛糸が必要だ!」と判明。また一からやり直し。

ちなみに昨年初めてスヌードを編んだ際は、少しばかり良質な毛糸を使用したこともあり(?)、自分の作業時間×時給を含め、一本50万円(原価)のスヌードができたり、少しサイズの小さなニット帽が出来上がったりと、編み物ネタは尽きるところを知りません。それでも、少しずつ完成していく様は、楽しく思えるものです。

 

f:id:harukurukurupa-ma:20180130174950j:plain

 

さて、今回もハルキャン編。

「ハルカ、会いに行きます!キャンペーン」編です。

 

この日お話を伺った方はミギー。

イキイキとキラキラとグングンを足し合わせたパワフル且つパッションに溢れた方でした。実はミギ―はニューヨークを拠点に活躍する作曲家でありピアニストであり、プロデューサーに教育者、レクチャラー等々幅広く活躍する大人材。

ハルキャンでは私が「会いに行く」ことを謳っていますが、さすがにニューヨークまで向かうことは難しいということで、今回はスカイプ対応です。

 

呼び名の「ミギ―」ですが、メッセージのやり取り中やスカイプでお話をした時にもそのままミギ―と呼んでいました。ミギ―様でもミギ―さんでもなく、ミギ―。

そう呼ぶ背景には、ミギ―からのある提案があったのです。米国では互いを名前で呼び合うことで年齢による壁をなくし、よりよい関係性を築いている。ハルカとのスカイプでもその文化を体験しようではないか、と。

 

とはいえ、スカイプで顔を合わせてとなると、とても勇気が要されました。合間合間に「ミギ―」と呼びつつも、どこかぎこちなさが表れます。

そんな中、実際に一度呼んでみるとそれだけで一気に距離が縮まる感覚を覚えました。友達とも家族とも違う、けれども会社の上司とも少し違う印象です。

 

そういえば、我が入れ歯屋でも「〇〇社長」というように社員の方を呼ぶ際に役職名をつけて呼ぶことはせず、「〇〇さん」と呼んでいます。周囲との距離は縮まるし、社長ももしやそれを狙っているのか…?

 

 

その後、その日のスカイプはインタビュー形式で進めることに。

「どんな経緯で今の環境に至ったのか?」といったミギ―のこれまでのお話はもちろん、「今後のライフパスでの目標や理想は必要なのか?」「アウトプット以前に何かに思考をめぐらすことに時間がかかってしまって…」人生観や私の悩みについて。

 

お話をして以降というもの、まず日々の時間割作りに挑戦しています。今取り組まなければならないことは「何」で今日一日の間の「いつ」やるのか。まだ使いこなせていない部分もあるのか、多々の業務に追いかけられてばかりではありますが。

要領が悪いからこそ一つずつコツコツと取り組み、地道にこなしていかなければと毎日痛感するばかりです。

また、ふと「将来自分はどんな人間になりたいのか」を考えてみるようにも。

短期的な「これをやりたい!」は「なんとかしてタイでコンフォートを広げたい」と思うけれど、長期的に自分はどうなりたいのか?今はぼんやりどころかまっさらな状態。少しずつでも考えて行こうと素人ながらにも感じ始めたのです。

 

ともあれ、とても素敵な一時間であったと、今振り返ってもそう感じます。

ありがとうございました!

 

<つづく>

ハルキャン編:東中野のクリスマス

ハルカです。

ここ数年間でようやくコーヒーを飲めるようになりました。しかし、「今日はコーヒーを飲んだ」と認識した日の夜は決まって眠れないことが悩みです。先日も、午後にカフェ・ラテを2杯飲み、「そういえばお昼間にコーヒーを飲んでしまった」と就寝前にふと思い出しました。結局、その日は眠りに就くことができぬまま、目に深いクマを携えて朝を迎えたのです。

何事も気の持ちようは大切なようで。

 

f:id:harukurukurupa-ma:20180117164553j:plain

 

前回の記事で「アウトプットが苦手」とぼやいたところ、知らぬ間に社長がFacebookを通じて拡散、多くの方からの「相談に乗ります!」とのメッセージをいただきました。

 

おせっかいっに感動したという話irebablog.wordpress.com

 

 

実はこの件が話題に挙がった頃、当のハルカはそんなことは露知らず。

社長からの、

 

みんながハルカの話を聞いてくれるって。

 

との言葉とFacebook記事を見てびっくり。

このように多くの方々とお話ができる素晴らしい機会に、感謝・感激の思いは募るばかりです。皆様本当にありがとうございます。

その後、「せっかくなのでハルカから連絡を送ろう」と私からメッセージを送るも、未だ敬語やビジネスマナーを完全に習得できていないゆえ、文字でのやり取りでさえ前途多難と思われるほどでした。

 

 

そんな中、一番初めにお会いした方はケン・チャンさん。

社長がいつも「ケンチャン、ケンチャン」と呼んでいます。そのケン・チャンさんのご予定をお聞きすべく、メッセンジャーでやり取りをしていた時のことでした。

 

ご都合のいい場所とお時間を伺うと「最寄駅へ行きますよ」とのこと。確かに、普段ハルカに与えられるランチ休憩は1時間のみ。それなら月島の美味しいお店を探そうかと考え、その旨を返信すると、ケン・チャンさんの面前にてすぐさま社長から指導が。

 

「お願いをする立場なのだから、相手が『行くよ』と言ってくださっていても『いえいえ、お願いする立場なのですから伺います!』っていうのが良い」

 

ひえぇ

 

どうなることやらと思われるスタートを切ったものの、実際にお会いすると、非常に気さくな方でした。メッセンジャーでのやり取りが、より一層恐れ多く感じられます。

 

お話をする中で、フットワークを軽く、何事も前のめり且つ押し気味で、タイの業務もよりネットワークを駆使して…等多々アドバイスをいただきました。

当に自分には不足している点ばかり。「タイに関することは何でも触れ、深く気を傾けよう」と感じるようになりました。

以降、朝刊でタイ関連の記事を探すよう心掛けてはいるものの、まだこればかりに留まってはいられません。最近は穴蔵の中をのた打ち回っていたハルカですが、またここから再発進しようと決意しました。

 

ケン・チャンさん、

本当にありがとうございました!

 

<つづく>

 

「ハルカ、会いに行きます!キャンペーン」を略してハルキャンです。

以後お見知りおきを!