読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

3歩進んで2歩下がる。

 

ハルカです。

先日、ジェットコースターに乗った際、安全バーのロックがかからずにガバガバのまま発進。頂点から急降下をしかけたところで安全バーは真上に上がり、身体は宙へと投げ出されます。「落ちるものか!」とそれでも機体から手を離さずしがみつくものの、風圧に耐えられず、気づけば一人両足で地上に着地。怪我もなく帰還しました。

という夢を見ました。

 

 

タイから帰国し、早いもので約2週間が経過。

長いように思えるも、実際にハルカが出社しているのは週に1~2日ほど。その間、タイにて行ったあれこれの振り返りや今後のスケジュールの再考、ドイツへと旅立つ(デンタルショーとかいうものに行くらしい)ハイスペさんのお手伝いを幾つかするなどしていました。

 

社長への報告を兼ねたミーティングを設けられたある日のこと。

「改善点等の洗い出しをしよう!」ということで、まずはハイスペさんと会議室に籠っていました。まずは反省点を互いに出し合います。

 

  • 公園で入れ歯に困っている・コンフォートを試したい患者さんを見つけた後も、万が一のことを考え、できる限り連絡先まで聞いておくべきだった
  • 我々と患者さんとの間でうまく意思疎通をとれていない点が見られた
  • 街中での怪しさを払拭しきれていなかった

  …

  ………

 

思い返せば返すほど、至らぬ点も多かったと改めて気付きます。その中でも特に痛感したのは、

 

「具体的なスケジュール案を何パターンか考えておくべきであった」

 

ということ。

当初、タイ滞在中の2日間・終日を使い、入れ歯に困っている人や、お試しコンフォートを希望する患者さんを探し出すという計画でした。しかしながら、その計画はあくまで、

 

「とりあえず1日目の朝はルンピ二公園で。」

「とりあえず現地の様子を見て、その後と2日目の予定を考えようか。」

 

といった大まかなスケジュール。

赴く公園・地域の候補地、地理等を予め確認してはいたものの、「行ってみてどうなるか次第」ということに託けて、時間ごとの具体的なスケジュールを立てることはしていなかったのです。

加えて、「2日間かけたとしても、ターゲット人物が見つからない可能性もあるのでは?」という不安から、捜索後の予定を考えることはまるっきり手付かずの状態。ゆえに、まさかの朝飯前でのミッションコンプリートという結果には、うろたえるばかりでした。外が暑いということが分かっていながらも、カンカン照りの公園へと繰り出す始末。

 

f:id:harukurukurupa-ma:20170227010906j:plain

 

まさにこの場面。

 

幸い、通訳さんがいてくれたこと等もあり、インタビューや市内の様子リサーチと、追加的な行動にも(ギリギリ)出ることができました。しかし、国内外問わずしっかりとした計画立案が、その後の行方を左右することもあるのだと、身をもって認識した瞬間でした。

 

今後の抱負は、

 

脱・とりあえず

 

<つづく>

番外編: はじめまして、ハイスペです。

 

今回は番外編と称し、ハルカに代わり、私ハイスぺが記事を書きました。ハイスペ視点からタイ出張の様子をお届けしたいと思います。

ちなみに、「ハイスペさん」とブログに書かれてから、社内でもすっかりハイスぺさんが定着しました。

 

 

さて、先行き不安な企画に気が重い私でしたが、それをよそに、ハルカ(偽名)は空港からやけに高テンションでした。

 

出発直前にこちらの投稿があり、

 

sekai-de-ireba-challenge.hatenablog.com

 

これを読みながら、テンションの高さと「井上陽水」という現役女子大生とは思えない渋いチョイスに苦笑しつつ、タイへと出発しました。

 

そして翌日、いざインタビューへ!

 

しかしながら、ハイスペと名乗りながらも朝が弱かったりします。ハルカとは打って変わり、テンション低めで公園へ行くと、エアロビをやっている集団が。前にインストラクターが立ち、音楽をかけながらおじいちゃんおばあちゃん達も踊っています。

 

今回の企画、動画に収めてその後のプロモーションに活かそうということだったので、私がカメラを持参していました。そこで、その様子を撮っていると、ハルカ(偽名)が一言。

 

「私もやってきます!!」

 

その後も、公園にあった筋トレの器具でトレーニングをしたり、天使の羽のモニュメントで写真を撮ったりとはっちゃけ続けていました。

 

f:id:harukurukurupa-ma:20170310140533j:plain

 

ここで気づいたこと一つ。

 

ハルカの様子が日本とずいぶん違うぞ。

 

初対面だったクリニックの先生ともすぐに仲良くなり、空き時間に歯の治療をしてもらうほどです。

 

f:id:harukurukurupa-ma:20170310140732j:plain

 

ハイスペから見るに、出張中は終始テンションかなり高めで楽しそうでした。

 

 

そして帰国のために空港へ。

 

チェックインカウンターに1時間ほど並び、もうすぐチェックイン、というところ。なぜか空港スタッフが列を崩し始めます。そしていつの間にかスタッフがいなくなったため、カウンターはカオスな状態に。前回のハルカの記事にて、チェックインに驚くほど時間がかかったとありましたが、その理由はここにありました。

 

フライト30分前にやっとチェックイン。そして出国審査へ。行きの機内でもらった出国カードを取り出すと、ハルカ(偽名)が

 

「あ、それ捨てました。」 

 

まじで?

 

時刻はゲートが閉まる15分前。

 

カードをもらいその場で書き、ハルカ(偽名)が出国審査を終えたのがゲートが閉まる10分前。広いスワンナプーム空港内を全力疾走し、ゲートが閉まる5分前に滑り込みセーフ!

 

離陸前に寝落ちするハイスぺ。

そして夕方に無事成田へ到着しました。

 

疲れた。。。笑

ただいま!

ハルカです。

ブログの帰国編を投稿せずに放置していたところ、多くの方から「まだタイにいるの?」と聞かれるようになりました。ただ更新を怠っていたにすぎず、とっくに帰国しています。寧ろ、釜山でマッコリを飲み、お腹を壊していたほどです。

 

その後、タイでのお役目を終えたハルカとハイスペさんは、バンコクの空港・スワンナプーム空港のチェックインカウンターにいました。

 

f:id:harukurukurupa-ma:20170306155943j:plain

 

今回のタイ出張で出会った4人の患者さん(うち2人はまだ調整中)とは、しばしのお別れ。我々は一度日本へと帰国し、日本の技工士さんに柔らかい入れ歯・コンフォートの加工を行ってもらいます。そして、新たなコンフォート付き入れ歯を持参し、再びタイへ訪問、直接患者さんの下へと届ける予定です。

 

タイでの企画をすべて終えたわけではないものの、滞在中のアクシデントのお陰で、既に大きな達成感を感じていました。あとは無事に帰るだけ。そう思いながらチェックインを終え、時計を見ると、

 

7:35

 

我々のフライトは8:00。その2時間ほど前に空港へ到着したはずなのに、チェックインを終えたのはフライト約30分前。確かにカウンターに長蛇の列はできていたけれど、ここまで時間がかかったことは過去に一度もありません。グランドスタッフの方の声もどこかしら焦っているかのよう。

 

どうやら「さすがにまずい!」ということで、ゴールド会員の保安検査場へと案内されます。そのままそわそわと税関を通過。

タイでの任務は無事に遂行したにもかかわらず、

 

飛行機に乗り遅れてゲームセット!

 

洒落にもなりません。

走って走って疲れて歩き、再び走って、の繰り返し。自分なりの全力ダッシュの結果、フライト5分前になんとか搭乗。

 

「あとは飛行機が無事に飛んでくれれば大丈夫」と飛行機に乗れたことに安心しかけたその時、
 

会社へのお土産、買い損ねた!


最後の最後まで破茶滅茶で、ネタに尽きない第一次タイ出張はこれにて終了です。

 

 

<つづく>

これは運命?

ハルカです。

タイ滞在中のホテルに「コンフォート」の文字を発見しました。数ヶ月前まで通っていた自動車免許の教習で乗っていた自動車も、確かコンフォートだったなと思い返しつつ。

 

f:id:harukurukurupa-ma:20170302211312j:image

 

さて、タイでの最重要課題「街中で探した入れ歯の人に、柔らかい入れ歯・コンフォートにしてもらう。」そろそろ終盤かと思いきや、患者さんからのドタキャンという思わぬ展開に見舞われたハルカ達。

 

 

時は少し遡り、公園で入れ歯に困っている人を探していたときのことです。

 

「コンフォートにしたい!」というおばあちゃんと我々が話しているうちに、そのお友達が集まり、目標定員に達しました。

 

早々と集まり、歓喜に満ち溢れる場面ではありますが、一点、大きな不安要素があったのです。

その集まってきたお友達のうち、あるおばあちゃんは、歯が一本ずつ上下合わせて4本ほど抜けている状態でした。つまり、一本の入れ歯を装着するということ。

しかしながら、一本の入れ歯のケースは社内では未だ準備段階(?)のようで、できるのかどうか不確実。急遽、日本の本社と連絡を取り、写真や通話を駆使し、状況を伝えます。

その結果、ハイスペさんの迅速な対応もあり、「OK」が出ました。今後、日本でも応用していくことができる症例でもあり、是非やってみようとのこと。一本入れ歯のおばあちゃんも、コンフォートを試します!

 

f:id:harukurukurupa-ma:20170302214127j:image

 

そして、クリニックでの診察の日。

前回までの流れから、ドタキャンされないだろうか?ちゃんと来てくれるのか?と不安で不安で仕方がありません。

 

定刻、15:30。

一本入れ歯のおばあちゃんが来院しました。まずは、予定通り来てもらえたことに改めてお礼を伝え、診察を開始。ポン先生が、逐次おばあちゃんとの会話を私へと伝えてくれます。その中で、

 

「公園で紹介されたあの日、ちょうど入れ歯が壊れてしまっていたの。」

 

と、おばあちゃん。

普段使っていた入れ歯が壊れ、不便を感じていた矢先、公園にて私たちに出会ったと言うのです。ある種の運命さえも感じました。

 

無事に診察も終え、なんとか1日やりきったという感情に溢れるばかりです。キャンセルの出てしまった患者さんについては、今後とも対応が必要ですが、タイにてできることはこれにて終了。

このスタートダッシュの勢いを失わず、今後とも頑張ります!

 

<つづく>

 

想定外の大波

ハルカです。
ハイスペさんは海外へ来ると、フルーツのフローズン系飲み物をよく注文する傾向があるそうです。確かにおいしい。

 

さて、カムバックした患者さんの診察を終え、少し落ち着いたハルカ。しかし、いくら待てど1人目の患者さんが来ず、さらなる不安がハルカ達を襲います。

すると、クリニックの電話が鳴りました。受話器を置いたポン先生がこちらへやってきます。

今日来る筈の4人のうち、1人目の予定だった患者さんが、「膝が痛くなったので行けない」との連絡が入ったとのこと。

 

予定時刻を回っても姿を現さないことから、嫌な予感はしていました。しかしやはり…。

 

てもここで気を落としてはいられません!

 

まだ2人の患者さんが残っている気を改めたその時、再び電話が鳴ります。

 

「予定が入ったので、今日行けません。」

 

 

 

うわー!

 

嫌な予感が当たり、現実から目を背けたい気分。

 

f:id:harukurukurupa-ma:20170301102057j:image

 

いまからまた公園へ行くのか?それともショッピングモールで探す?いやしかしそれはダメだと言われたし。通訳さんもいないし、日本人街へ繰り出すべきか?

 

あたふたせずにはいられません。その様子を心配したポン先生が一緒に対応を考えてくれました。

そして今後、ポン先生を通じて別日程での診察が行えるかどうか、確認をしてみるということでなんとか落ち着く。

 

海外にいるからこそ、「万が一」を想定して行動せねばと感じさせられた出来事でした。

 

予定ではもう1人患者さんが来るはずですが、果たして!?

 

<つづく>

下がって上がって下げられテンション

ハルカです。

タイのココナッツジュースは、椰子の実に入れられて出され、とても気分が上がります。しかも美味しい。

 

タイ4日目。

ついに今回の出張の山場を迎えました。公園で募集した入れ歯の人達に、今日はクリニックへ来てもらいます。

 

クリニックでは、以前からお世話になっている歯医者さんのポン先生が中心となり、診療を進める予定。しかし、クリニックがショッピングモールの中にあり、そのモール自体へ11時頃まで入れません。するとポン先生が、「せっかくだし少しだけ観光地へ案内するよ」とのこと。クリニックからも近く、歴史のある寺院へと連れて行ってくれました。

 

11時を回ったところでいざクリニックへ。

1日のスケジュールを確認しつつ、12:30に来院予定の1人目の患者さんを待ちます。

そして12時を過ぎた頃、なんと2番目の患者さんが来院。「あれ?」と思いつつ、時間もあるので早速診察を開始しました。

 

f:id:harukurukurupa-ma:20170228101335j:image

 

ポン先生と患者さんがタイ語で何かを話しています。すると、患者さんが立ち上がり、帰り支度を始めるではありませんか。

 

「聞いていた話と違うので、やっぱりなかったことにして。」

 

ハルカもハイスペさんもびっくりです。どうやら「本当に全部無料で治療してくれるのか信じられない」と怪しんでいたとのこと。

 

ポン先生を介し説得を試みますが、何を言っても徒労に終わる模様。他に成す術もなく、そのまま次の患者さんを待ちます。

 

 ハルカもハイスペさんも唖然とするばかり。口を開けば、

 

どうしようどうしよう

 

しか言葉になりません。

まずは、途中棄権してしまった方にその理由をしっかり聞くべきと考え、ポン先生を通し、こちらから電話。すると、驚くことにポン先生の説得により、再びクリニックへ来てくれることになったのです。

 

正直なところ、「さっきまでのは何だったんだ!」と突っ込みたくなるほどの驚きです。

結局、そのおばあちゃんもコンフォートにすることとなり、少し安心…したいところですが、

 

おや?

 

1人目の患者さんが来ていません。予定時刻はとうに過ぎた日曜午後。

さらなる不安が過ります。

 

<つづく>

歩いて歩いて、また歩く。

ハルカです。

5割の確率で電車の改札に激突しています。痛いです。

 

さて、凄まじいスピートで入れ歯に困っている人を見つけたハルカとハイスペさん、次なる目標に「タイの市場の様子や入れ歯使用者の傾向を掴む」を掲げ、タイ3日目も日の出と共に出動です。

 

昨日開始したインタビューを、昨日と同様の公園にて行いました。相変わらず、たくさんのおじいちゃん・おばあちゃんが公園で運動をしていたり、お茶を楽しんでいたり。そこへ混ぜてもらい、話を聞き出します。

最終的に、45人ほどから回答をもらい、

 

「テレビや新聞はあまり読まない」

「70歳で、入れ歯は使っていない」

 

等、様々な反応をもらい、予想外な結果を得た点も多数ありました。

 

f:id:harukurukurupa-ma:20170227012105j:plain

 

例えば、「テレビやラジオは聞かないけれど、中国語の新聞は読む」というおじいちゃん。タイ人の通訳さんによると、現在タイ在住の約50歳以上のうち、3〜4割は中国とタイ人のハーフなんだとか。所謂「華僑」のご子息に当たると考えられます。

そしてこの辺りから、昨日の疲れの残りもあり、足が重くなり出します。

 

そして午後。

「ここ2日間、同じ公園をふらついているので、違うところへも行ってみよう!」ということで、週末マーケットをも開催されるという情報のある別の公園へ。

すると…

 

f:id:harukurukurupa-ma:20170227010906j:plain

 

あっつい!

 

公園到着時、なんと午後1時。

どこかで嫌な予想はしつつ、信じてきてみたものの、この有様。加えて、週末マーケットに来ているのは観光客ばかり。公園内は、おじいちゃん・おばあちゃんよりも野生のリスの方が多い始末。

せっかく来たので歩き回るものの、長居はせずに撤退しました。暑さがさらに体力を奪い、疲労困憊。

 

その後、夕方にも再び公園へ人が集まるということで、再び早朝に向かった公園へ。通訳さんとは既にさよならしていたので、ハイスペさんと2人で偵察です。実はこの公園、入り口からぐるっと一周歩くと20〜30分程かかるどデカイ公園。おじいちゃん・おばあちゃんはいないかと探し回るだけでもクッタクタ。ホテルに戻った頃には足にできた豆がプックプク。

 

そんなこんなで3日目終了。明日からは、公園で募集した方への柔らかい入れ歯・コンフォート診察を開始します。「コンフォートにしたい!」と言ってくれたおじいちゃん・おばあちゃんをクリニックへと招き、診察を行うのです。

一度、本人たちに電話で確認を取ったところ、皆予定通り参加可能とのこと。

ここまでスムーズに進んできたタイ企画、まだまだ始まったばかりです。どうかこのまま順調に進んでおくれー!

 

<つづく>