Vol. 1 "Have Fun"

ハルカです。

バンコクなうです。

タイのかの有名なサイアムパラゴンの入口をくぐると、そこには煌めく外国車が並んでいました。写真はアストンマーティン。どうやら自動車の展示イベントを行っていたようで、ヨーロッパの高級車がショッピングモールのど真ん中にドーン。

ちょうどこの場で商談を行う30代前後のご夫婦がいらっしゃいました。庶民の私からしてみれば「え、こういうところでクルマ買う人って本当にいるんだ…」と唖然とするばかり。

 

 

さて、「バンコクで何するの?」というところですが、本日の主なメニューは、

 

・タイ人スタッフとの打ち合わせ

・高齢者施設への飛び込み営業

 

今、このブログを書きながら、自分で

「え、それだけ?」

と思っってしまいました。ただ実際のところ、当の本人は少しゲッソリ気味。これもこれで楽しんでいますが。

 

 

現在、タイでコンフォートを広めるために行っているアクションの一つとして、「口コミ作戦」を実行しています。これは、とあるタイ人の方にご協力いただきコンフォートを知人・友人に広めてもらって集患を目指すというもの。

もしも、そのタイ人の紹介者を通じ、知人・友人がコンフォートの購入まで至った場合、紹介者に報酬が支払われる仕組みです。

 

そして今回、この仕組みをなんとか実働させようではないか!と海を渡ってきました。

現時点では、この「紹介者」にあたるタイ人は1名しかいません。正直不安も募るばかりではありますが、私が帰国するまでには紹介者も被紹介者もウハウハになれるように頑張るのです!

 

このような背景の下、その唯一のタイ人スタッフさんへ「そもそもコンフォートってこういう商品でね…」「ハルカはこういった目的のためにバンコクへ来たの」「あなたはこの近くに住んでいるの?」等々話していたら、あっという間に昼食の時間を過ぎるまでに。

 

 

午前の勢いのまま、汗を拭いながらタイカレーを食し、午後からはバンコク市内の高齢者施設へ飛び込み営業に行ってきました。

その施設には、渡航以前から電話やメールでアポイントを取ろうと試みていたのですが、残念ながら返答をもらうことができず、

 

もう直接行ってしまえ!!!

 

と。

幸い、私が送ったメールには目を通してくれていたようで、受付の方が取り合ってくれました。幸運の極み。

 

 

そもそも、タイに住むご高齢の方々は、息子夫婦と暮らしていることが多く、日本ほど高齢者施設や介護サービス等の提供はさほど多くない印象を受けます。私が向かった施設は、そんな数少ない施設の一つ。様々な理由で入居している方がいらっしゃるそうで、なんと総勢250名。年齢も65-104歳と幅広い。

なお、こちらの系列がバンコクの施設を含めタイ国内に全11施設を構えているんだとか。

我が入れ歯屋が提供するコンフォートは、商品のスペックにより1500~4800USドルという価格帯ですが、入居者のうち少なくとも10名ほどはその購買力を持つ人もいるかもしれないとのことでした。

 

直接入居者の方々とお話をしたかったものの、プライバシーの観点からも一度ボスへの承諾をもらってからだそう。良い返事を期待!

 

 

というあれこれを受け、改めてポン先生と話していた夕刻のこと。

ポン先生から、

「私も患者さんへのコンフォートの紹介を行いたいんだけど…」

と新たにお願いを受けました。話を聞くと、ご自身の繋がりを基に「『紹介者』をまとめる役」をやりたいそう。

コンフォートを広めてくれるのであれば、是非お願いしたいと思い「OK!」と即答したハルカ。社長の許可は仰がずに答えてしまったけれど、その方向もうまくいきそうだし…

 

良いですよね?…ね?

 

<つづく>

 

帰国まであと22日~