Cảm ơn!

ハルカです。

とはいえ、空港を訪れるときは行く先にかかわらず、いつもドキドキわくわくしています。空港へと向かうその目的は、旅行や出張、留学等さまざまでしたが、後に待つイベント事や目的地の「今とは違う環境」に胸を躍らせるのです。自分がこれから向かう先には知らないことや人や生活があるのだと想像するだけで「何が起きるんだろう?」と楽しみで楽しみで仕方がない。

また、帰国をした時にも「帰って来たぞ~」という安心感に満たされ、さらに心がほっこりするのです。一年間の留学を終えて帰国すると、空港のトイレに設置された暖かい便座に座って涙をこぼし…はしませんでしたが、泣きそうになりました。

 

f:id:harukurukurupa-ma:20180606181046j:plain

 

そんなハルカは、先週末もソワソワしていました。

なぜなら土日にかけてベトナムへの出張が控えていたのです。

 

今回、ベトナムホーチミンにてとあるイベントを開催すべく、ハルカも渡越。もちろん我が入れ歯屋主催のイベントです。

 

このイベントには、これまでコンフォートを提供してくれた歯科医院の先生方を招待しています。「いつもやわらかい入れ歯・コンフォートをご愛顧いただきありがとうございます!これからもよろしくね!!」という意を込めました。

 

 

ハルカの担当がタイということもあり、これまでブログではさほど触れられてこなかったベトナム事業。実は、ベトナム人の先輩「ゴクサン」というお姉さまを中心とし、コンフォートをベトナムで広めようと取り組んできました。そんな事業も約3年が経過。

そして国内コンフォート事業の革新に伴い、ベトナム、タイを含めた海外事業も新たなビジネスモデルに挑戦しています。タイは完全に新規の事業ですが、既存のコンフォート展開や歯科医院とのつながりがあるベトナム。これまでお世話になってきた方々に感謝を伝え、よりこれからのベトナム事業に勢いをつけよう!とイベントの準備に取り組んできました。

 

ベトナムってこれまでコンフォートを使ってくれている患者さんや歯科医院の先生方がいるのだから、まずはその方々からの声を直接聞きたいよね!コンフォートを使用している患者さん同士や先生同士の交流を新たに作ることで、誰もが新たな発見を勝ち得られるだろうし、そんな場で入れ歯屋もこれまでの感謝を伝えられる。なんて素敵な企画でしょうか!

 

f:id:harukurukurupa-ma:20180606180835j:plain

 

結果的に、当日はこれまでコンフォートを取り扱ったことのある先生、コンフォートの経験はないけれど興味のある先生をお迎えすることができました。実際にコンフォートをお使いの患者さんをお呼びすることはできなかったものの、総勢60名を超えるゲストが足を運んでくれました。

 

私も数名の先生へインタビューを行いましたが、そこで強く感じたことは、

 

ベトナム語を理解できないことが悲しい…

 

インタビューは、予め質問内容を大きな紙に書き出し、「ひとまずこれについてカメラに向かって話してよ!」方式で参戦していました。そして現地バートナーのスタッフさん方からのお力も借り、先生の話す様子をビデオに収めることに成功。

簡潔な言葉で終える先生や、ゆっくりじっくり話す先生…。時折伺う笑顔から「いまコンフォートの良いところについて話してくれている…よね?」となんとなく推察してみたり。

 

しかしながら、話してもらっている内容をその場で汲み取れないことにムズムズモヤモヤするのです。イベント終了後、ベトナム人の先輩からあんな話があった、こんな話を聞いたと共有をしてもらいました。それらはやはり嬉しいお言葉ばかりで、

 

「コンフォートが患者さんの悩みを解消して患者さんを満足させた。」

「日本のコンフォートって綺麗だね!」

 

と。私もその声を直接聞きたかった!と感じるハルカなのでした。

とはいえ、コンフォートの品質を国外でも認めてもらえることほど嬉しいことはありません。タイでも同様に「歯科医院の先生から」「患者さんから」その言葉をもらえるよう、まずは営業頑張ります!

 

 

 

<つづく>

 

 

最後に(おそらく、多分、もしかするとこの記事に目を通している)社長への公開質問。

 

アオザイと一緒に用意していただいた帽子、なぜほとんど被らなかったのですか?」

 

イベント中に何度か帽子を手渡すも、全然被ってもらえませんでした。

お気に召さなかったのでしょうかね。