私も一年前は学生だったので。

ハルカです。

突然ですが本日のトップニュースを2つお伝えします。

 

ハルカがTwitterを始めたものの、呟く内容の傾向がいまだ確立されておらず、フォロワーの増やし方から苦労を要しています。ブログと同じく、まずは少しずつ継続することを周囲に訴えかけました。

みなさまお気軽にフォローしていただけると幸いです。

ハルカ(偽名) (@harukurupa_ma) | Twitter

 

 

次のニュースです。

 

www.asahi.com

こちらのフトンスターですが、最も高価な布団の名称は「AIR COMFORT。」我が入れ歯屋が提供する柔らか入れ歯・コンフォートと同じ名に、ハルカが心なしかワクワクしています。

 

 

 

さて先日、就活イベントへと足を運ぶ機会がありました。

もちろん採用を「する」側での参加。ただ就活イベントといえど、よくある企業説明会とは少々異なります。

そもそも一般的に謳われる就職活動の多くは、学生が各自の志望する企業へとエントリーし、そのエントリー学生の中から企業が選考を行うといったもの。一方で我々が参加したのはいわゆる逆求人。企業から学生へスカウトを送り、その後の人事面談や選考へと進みます。そのあれこれを一堂に会して行おうというイベントなのです。

 

我々入れ歯屋としては、学生からの自発的な「入れ歯屋」へのエントリーを獲得することは極めて困難であるという現実が存在します。ゆえに、こちらから学生へ行動を起こし、マッチングを図ろうではないかという作戦(おそらく)。

 

 

そんなことを考えていると、自分が学生だった頃はどうであったかと思い返すように。自分に限らず、周囲の学生は思い思いの手法を尽くし就活へと臨んでいました。

 

自己アピールは少し大げさに書いてみたり、第一志望の企業を一つに絞らずに「第一志望群」と呼称してみたり。内定を受けるごとに企業を天秤をかけ、最終的に自分自身が納得のいく企業へと進路を決定したり。

そんな中、4月に新卒で入社をしたが既に転職を考えている、実はもう退職した、なんて話もしばしば耳にします。

 

学生にとっては最も安全なルートかもしれませんが、いざ学生を採用する立場からすると「なんじゃそりゃ」とも感じてならないハルカ。

 

 

そう言う私は就活らしい就活もせず、大学4年次が始まる頃には入れ歯屋への就職を勝手に受けていた人間。「なんで就活に時間をかけないのか?」と先輩に問い詰められるも、受け流してそそくさとタイへ飛んでいたのでした。

「そんなお前に就活の何が解るんだ!」と、この記事を読む誰かから言われたらどうしよう、などと考えつつヒヤヒヤヒヤ…。

 

<つづく>