ある日、突然入れ歯屋の電話営業メンバーに加えられた、海外事業部の新入社員はこう考えた。

ハルカです。

パズル系の携帯ゲームに以前からハマり易い性質なのですが、ここ最近はずっとLINE POP 2に没頭する日々を送っています。毎日ひたすら遊び続けているわけではありませんが、そのゲームを始めてから早2年ほどが経過しています。

課せられたミッションをクリアし、次のステージへと進む形態をとるゲーム。遂に、次のステージが「COMING SOON!」と表示された地点まで辿り着いてしまいました。それを知った友人からは、私との間に一線を引かれたかのような眼差しを向けられ、「むやみに誰かとLINEの友達登録をすることができない」と気付いたのです。

 

f:id:harukurukurupa-ma:20170901161627j:plain

 

さて、お盆の休暇を終えてから電話営業に励んでいたハルカ。

本日、ついにその新企画がスタートしました。やわらかい入れ歯・コンフォートのロゴをはじめ、ポスターやパンフレット、WEBサイトも一新しています。そしてそのWEBサイトが本日お目見えに。

www.bitecglobal.com

入れ歯をいまお使いの方はもちろんのこと、抜歯後、インプラントやブリッジを検討している方にも知っていただきたい「新しい」コンフォート。

 

ちなみに、以前ブログでも紹介したハルカの電話営業は、この「コンフォートシリーズ」に新たに参画してくださる歯科医院さんを少しでも多く集めるためのものでした。その営業メンバーの中には、来春入社予定の内定者アルバイトも登場していたりと、全社挙げての大プロジェクト。

その甲斐あって、8月末までに行った電話営業の結果は予想を大きく上回り、ただただ嬉しいばかりです。

 

 

実際にハルカが電話営業に従事したのは、8月中旬からの約2週間。且つ、一日当たり1~2時間ほど。

営業を始めた初日は、受話器を取ってボタンを押すことでさえも緊張していました。これまで、入れ歯屋へとかかってくる電話を受けることは多々ありましたが、「自分から」「営業のために」「歯科医院へ」掛けることが、ある種のプレッシャーとなっていたのです。

 

しかしながら、数をこなせば慣れることができるということも事実。気がつけば、口もぺらぺらと回るように。一つの通過点を迎えた今振り返ると、あたかも全てが上手く進んだようにも感じられますが、様々なことが起きた2週間でした。

 

 ……

 …

「いつも入れ歯のコンフォートでお世話になっております。入れ歯屋のハルカと申します。コンフォートの新しい企画についてお電話させていただいたのですが、院長先生は…」

「診療中です。」

「それではまた後ほど改めさせていただきます。」

 

 

「入れ歯のコンフォートでお世話になっております。その後院長先生はお手すきでしょうか?」

「外出しました。」

 …

 ……

 

こんなやりとりはまだまだかわいらしいもの。中には、「新しいサービス、企画」と口にした途端断られてしまうことも。

ただ、繰り返し電話をかけ、コンフォートや自分の名を覚えてもらううちに、相手方も少しずつ興味を持ってくれるようになるというケースがいくつかありました。ある歯科医院さんは、こちらからの営業電話を機に検討を重ね始め、何度も問い合わせの連絡をいただくように。最終的にその歯科医院さんから、加盟頂くとの回答が届いたときは、とても嬉しく感じました。

特に、「営業として獲得した」といった感覚とは違った、「親しい人に良いことがあった」時のような喜びを噛みしめていたのです。

 

たとえ、電話口でしか話していない相手であったとしても、信頼関係のようなつながりが生じうるのだと、身を以て知ったハルカ。当然、今回の電話営業からの気づきはこればかりには留まりません。

そんな中で総じて感じたことは、

 

営業って大変だ。

 

<つづく>