日本語、ムズカシイ。

ハルカです。
先日、今さらながらに100kmウォークの打ち上げを開催しました。

「最後の10kmが一番つらかった」とか、「トンネルのところでポニーさんが気分悪くなったのは、おにぎりの食べすぎ」、「入れ歯屋が初めて100kmウォークを取り入れ、当時のメンバーで参加した時は、ふざけすぎて運営に怒られた」

などなど今だからこそ言える裏話や、過去の伝説話に花を咲かせ、楽しいひと時を過ごしました。

 

f:id:harukurukurupa-ma:20170616162555j:plain

 

さて、最近新たなる悩みが沸々と出始めました。

それは、タイのことでもなく、社長からの指令でもなく。

 

とにかく敬語が難しい、ということ。

 

電話のとき、先輩社員と話すとき、社外の方へメールを送るとき…

心の中では尊敬の思いで溢れており、精いっぱいへりくだっているつもりにもかかわらず、言葉を思い通りに操ることができないのです。おかしなことばづかいになってしまったり、はたまた、言葉を気にしすぎて全体的に美しくない表現になってしまったり。

 

自分が見積もりを依頼する際の表現は「お見積もり」なのか?「見積もり」なのか?「~できますでしょうか?」はさすがにくどい?

さらには、メールの本文にて「御礼申し上げます。~してまいります。よろしくお願いいたします。」と見ると、ますますばかりで違和感だし…等。悩む点は尽きることなく湧き出始めます。

これまで何度「ビジネスメール ~」と検索したことか。

 

 

そして昨日のこと。

ハルカは、メッセージを介し、社長からとある助言を受けていました。そのアドバイスを受け、「まさにその通りだな」と感じたハルカは、社長へ早速返信をします。

 

なるほど。承知しました。

 

すると社長から、

 

「なるほど」は目上に対しては使わない方がいいよ。

 

まさに「はっ」とし、すぐさまインターネットで「なるほど 失礼」と検索。どうやら、この言葉を上から目線とられる恐れがあるばかりでなく、相手の意見に評価を下したうえで同意をする意も含まれており、失礼にあたるとのことでした。

 

これまで口癖となりつつあった「なるほど」に、それほどの意味が含まれていたとは露ほども知らず。

 

そして、先ほどの社長とのやり取りには続きが。

「なるほど」が失礼な表現であると知ったハルカは、謝罪と言い直しの意を込めて「おっしゃる通りです。」と返信しました。すると、社長は

 

ここで「なるほど」ってボケれたら一流

 

だそうです。

まだまだ一流へはほど遠いハルカなのでした。

 

<つづく>