新入社員は、35億。

ハルカです。

以前、休日の地下鉄にてハイスペさんとも遭遇したことがあります。普段の勤務地付近であったこともあり、残念ながら、新宿で入れ歯屋の技工士さんに会った時ほどの驚きはありませんでした。

そのときは、私が下車しようと立ち上がったタイミングでハイスペさんを見つけたのですが、ハイスペさん自身はそれ以前から気付いていた模様。思わず口にしてしまったのは

「気付いていたなら声掛けてくださいよ!」

 

f:id:harukurukurupa-ma:20170522175639j:plain

 

早いもので、入れ歯屋に就職して間もなく2カ月が経とうとしています。1か月前も同じように「早いもので1か月が…」と言っていた気がしますが、こうして月日は流れていくのだなとしみじみ。

先日、会社へと向かう電車内にて、珍しく大きな話し声が聞こえてきました。会話の内容や容姿から見ても、どうやら新入社員のよう。

 

「10月に入ったらOJT始まるんだよね~憂鬱。」

 

正直なところ、「何しに会社入ったんだ?」と心の中で思うと同時に、「じゃあ10月まで何やるんだろう?」とも考えながらそのまま出社したハルカ。

丁度その日は入れ歯屋への来客がありました。海外事業部も大いに関連のある内容であったため、同席をすることに。その際、「うちの会社は新入社員はまだしばらく研修期間だよ」と。

 

ここへきてやっと、

 

あれ、うちの会社が変なのか?

 

と気付きました。

もちろん、自分の研修期間は終わったと言えど、まだまだわからないことも多く、実習期間のようなそうでないような仕事の進め方をしています。

名刺交換は予想以上に緊張しっぱなしだし、下りのエスカレーターも先輩社員より前に出て乗ることができないことばかり。その他にも、メールや送り状の書き方等、ひたすらGoogleさんに頼ることが多々あります。

 

しかしながら、既にゴールデンウィークを挟んだこともあり、実質の勤務日数はさほど多くはないものの、タイへ行ったり、入れ歯のことについて学んだり、100km歩いてみたり…。他に似たようなことを経験した新入社員には未だ会ったことはありません。いざ冷静になってみると、入れ歯屋の業務って割りかし激しめなのでしょうか?と。

 

 

そして、同じように感じている者がもう一人。ハルカと共に入れ歯屋へ入社した歯科技工士のポニーさんです。いつも後ろで髪を一つにまとめているポニーさん。髪飾りが毎日変わるのが特徴です。動物に例えるなら、カワウソのような。

 

ポニーさんは、ハルカと時を同じくして入れ歯屋へとやってきました。

現在、柔らかい入れ歯・コンフォートの加工現場にて、その技術を習得すべく日々ラボにて修業中。私にとって唯一の同期ということもあり、何か奇想天外な業務を託されているのでは!?と思いインタビューを試みたところ、

 

「今日も元気にレジン削ってます!」

 

との返答しか受けることができませんでした。

 

まずは充分な信頼関係を築くところから始めます。

ポニーさんの今後の活躍に期待して。

 

<つづく>