塵も積もれば山となる。

ハルカです。

前回の記事でも触れましたが、先週末の4月22日、23日の二日間、「わくわく入れ歯ハイキング~100km編~」へ参加してきました。結果からお伝えすると、

100km完歩できました!

完歩後でも走れていたりと、比較的余裕に見えるゴールとなりましたが、その後発熱。入れ歯屋から課せられるミッションとしては、「月曜日に意地でも出社」というものがあるものの、私ハルカはまさかの「月曜日に意地でも病院」というオチでした。個人的にはなんだか少しかっこ悪いなと。

 

 

終わった今振り返ると、「果てしなく遠い目標であったとしても、必ずしも無理とは限らない」と感じるようになりました。

スタート直後、5km歩いた時点でも「これをあと9往復半するのか」と絶望していました。しかし、約10kmごとに設置されるチェックポイントや、ところどころに見えるコンビニ、信号機といったマークを見つめながら歩くことで、小さな達成感と次への期待を抱き、歩き続けることができたのです。

近くに目標をつくりながら少しずつ向かえば、時間はかかるかもしれないけれど、いつかは辿り着くことができる!身を以て知った2日間でした。

 

また、歩いている間、自ら驚くほどに心境の上がり下がりがめまぐるしかった2日間でもありました。スタートから最後まで思い続けていたこととしては、「排水溝の穴が憎い」という点が挙げられますが、それ以上に感じたものは多くあった100kmウォーク。その様子をザザザッとお伝えしていきます。

 

f:id:harukurukurupa-ma:20170425121459j:plain

 

まずはスタート地点。少しの期待と不安を持ちながら、たくさんのスタッフさんとハイタッチをして歩き出します。ハイキング気分で気付けば20km。割と100kmも歩けるのでは?と調子に乗り始めた頃でした。「いちじくケーキを食べたいです」と冗談を言えるほどの余裕さえ。

 

f:id:harukurukurupa-ma:20170425113103j:plain

 

そして40kmを過ぎた折。

そろそろ足のあちこちが痛み始めるも、それと同時に日が暮れ始めます。周囲の見え方の変化や、入れ歯屋からのサポーター様らの応援によって少し気分も変わり、「まあ、まだ行けるな。」しかし、このあたりから雨もパラパラと降り出すように。

 

やがて50km地点を超え、60kmまでひたすら足を動かしていたそのとき、闇に飲み込まれ始めました。それまでと同じように歩いているにもかかわらず、いろいろな感情が交錯するのです。

 

「なんでわざわざこんなに歩いているんだろう?暗くて足元さえ十分に見えないし。カッパのせいで少し暑いけど、海風強すぎて寒い。でも足が出れば進む、がんばれ自分。いや、でもでもでもとにかくしんどすぎて…」

 

苦しくて、つらくて痛くて。もう歩きたくないとも思いつつも、足は止めたくない。自分でもわけがわからず、半ベソをかきながら歩く歩く歩く。

 

やっとこさ途中のチェックポイントへと辿り着き、気持ちも落ち着きます。座る事さえままならず、横たわるので精いっぱいといった状態でした。

 

f:id:harukurukurupa-ma:20170425114312j:plain

 

闇の区間をなんとか超え、満天の星空に感動している間に日も昇り始める時刻となります。

久しく浴びる朝日に高揚し、足の動くペースは速まるばかり。しかしながら、調子に乗りすぎたこともあり、その後徐々に失速したりも。それと同時にゴールが徐々に現実的となり始め、あと20km、あと10km…と残りの距離を刻みます。

残りあと3kmとなったときには、ただひたすらにゴールだけを見据え、最後の力を振り絞って手を振り足を出し、声をかけながら進みます。

 

そしてなんとかゴール!

 

f:id:harukurukurupa-ma:20170425115259j:plain

 

26時間38分にて100kmを歩ききることができました。これも、一緒に歩いた方々はもちろんのこと、サポーターとして最後まで明るく励まし続けてくれた方々や、応援をしてくれた方々の支えあってこそだと感じています。

 

ありがとうございました!

 

<つづく>