読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

言葉の綾って。

ハルカです。

先日上野にて、あんみつを食べました。かなりの名店と聞き、初めて向かいましたが、これが本当においしくておいしくておいしくてたまらない。毎週通おうかと思うも、我に返ると「初任給がまだだな」と。いざその日が来たとしても、かなり非現実的だとは、重々承知しております。

 

f:id:harukurukurupa-ma:20170421125128j:plain

 

 

そして、前回のブログでもお伝えした通り、週ごとに他部署でのお手伝いをしているハルカです。現在は営業部。やわらかい入れ歯・コンフォートをより一層広く知ってもらうため、営業部の方々は日本全国を飛び回っています。また、医療関係に留まることなく、あらゆる方面へのアプローチをもしています。

 

その営業部の方の後を追い、外出をしたある日のこと。

この日は、歯科医院さんにて勉強会を開催し、コンフォートについてより詳しく知ってもらおうということでした。その医院さんは、コンフォートとは「はじめまして」の方々。コンフォートとは何か?どのような効果が得られるのか?患者さんからどのような声をもらっている?等、詳しくも簡潔に営業さんが熱弁します。

 

そして勉強会中、営業さんは

 

「コンフォートの特徴の一つとして『薄くて柔らかい』という点が挙げられます。」

 

とのことでした。

 

 

「入れ歯」は薄い方がよい。

 

このように聞き、おおよその見当をつけることは可能ですが、実際、入れ歯を使ったことのない者では、そのメリットを十二分に理解することは、簡単とは言えません。そんな中、営業さんは、

 

「口の中に髪の毛が一本でも入ると違和感を覚えることとかありませんか?実は、入れ歯も同じなんです。薄さによって違和感を最小限に抑え、且つ柔らかく、安定させることによって、快適に入れ歯を使ってもらえることができるのです。」

 

なるほどな!

 

ピンっとアンテナが立つようにコンフォートの利点を認識することのできた瞬間です。ただただ純粋に「営業さん、すごいな」と感じました。これまで、入れ歯屋の仲間たちに、ありとあらゆる名を勝手につけてきたハルカですが、この感動を営業さんの名前で表現するとすれば、

 

営業部・歩くコンフォートさん

 

今後ともよろしくお願いします、歩コンさん!

 

 

それはそうと、明日4月22日からの2日間は、入れ歯屋の年間イベントが開催されます。とはいっても、外部で開催されるイベントに、入れ歯屋から数名が参加するという形をとり、ハルカも参加の対象者。そちらがなんと、「鬼の100kmウォーク。」

 

入社前より、このイベントへの参加は伝えられていましたが、つい1週間ほど前までは、絶望感に苛まれ続けていました。社長からは、「腹決めようぜ」と言われるも、「さすがに今回ばかりは決められぬ!」と。

しかしながら、改めて考えると、「どうせ歩かなければならないことに変わりはないし、それなら、正気を失った状態で当日を待つより、楽しみにしていた方がいいじゃないか」と自らケロッと気付く始末。

ということで、「わくわく入れ歯ハイキング~100km編~」行ってきます!

 

<つづく>