入れ歯の人を探せ!

ハルカです。
タイへ到着した直後に腕時計の電池が切れました。時計のない左腕にも、どうしても目をやってしまいます。
更に昨日は、シャワーを浴びたらトイレが浸水しました。

 

さて、本日早速「タイの街中で入れ歯に困っている人を探す」ミッションが開始となりました。今回、入れ歯に困っている人を見つけた後、柔らかい入れ歯・コンフォートにしてもらうという流れになっています。コンフォートにしてもらうには、その後の診療へ来れるかの確認等、条件が加わるため、それらを満たす人を大体3〜5名ほど見つける予定です。
そして、今日と明日を使い、「入れ歯に困っている人探し。」


午前6:00、ホテルのロビーでハイスペさんと待ち合わせ、駅へ向かいます。駅までは、聞いたところによると徒歩10分、第一の目的地とした市内最大の公園へは電車で15分程ということでした。

 

午前7:00、公園到着。タイ在住の方からの、「朝の公園ではおじいちゃんおばあちゃんらが多く運動している」との情報を元にやって来ました。実際、驚くほど多くの方が、太極拳やウォーキング、ジョギング等をしています。
…いや、それより何かがおかしいぞ?なぜホテルから1時間もかかったのか。その理由は至極単純でした。そうです、駅までの道程で迷いに迷ったのです。ここへ来て、ハルカ&ハイスペの方向感覚ダメダメコンビの誕生です。


その後、通訳さんが来るまでの約30分間、身振り手振りとインターネット翻訳を利用し、コミュニケーションを図るも失敗。
通訳さんのお力により、その後のやり取りは順調そのものでした。もちろん、断られることがほとんど。

 

そして、とあるおばあちゃんに遭遇。なかなかに興味を持ってくれます。

 

f:id:harukurukurupa-ma:20170225014839j:image


約1分の説明の後、そのおばあちゃん、なんと我々の企画に参加しコンフォートを試してくれるとのこと。さっぱりあっさりな形で引き受けてくれ、ハルカもハイスペさんもびっくりぽん。

 

早速、おばあちゃんに、コンフォートにするための診察やクリニックについての説明を始めたその時。

 

「j#a/_.々3¥°2→>〆€」

 

後ろからタイ語のおばあちゃんが2人ほどぞろぞろとこちらへ寄ってきます。どうやら、先ほどのおばあちゃんのお友達の模様。おそらく、「何やってんのー?」といった様子です。

 

そしてハルカ。せっかくだし、ついでに聞いちゃえ!ということで、

 

「おばあちゃんもコンフォートにするー?」

 

「する!」
「するー!」

 

 

あれ?

 

集まっちゃった。
想定外のスピード採用に頭がついていきません。取り敢えず、一旦切り上げて朝食へと向かいます。


これぞまさに、

 

朝飯前!

 

<つづく>