読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

「はじめまして、ハルカと申します。」

ハルカです。

初めて社外の方へ電話をしました。


以前、

 企画書はラブレター? - ある日、入社予定の会社の社長から「海外のどこかの街で入れ歯で困っている人を見つけてきてよ」と言われて海外で入れ歯の人探しをすることになった内定者のブログ

あたりでもお伝えしたかと思いますが、ハルカはマスメディアへの取材依頼を考えつき、それ を記した企画書を作成しました。
企画書を作っても、それを当事者に見てもらわなければ、意味を成さない。ということで、その後、社長のとてつもなく素晴らしい人脈により、タイとの繋がりを持つ方々を紹介してもらえることとなったのです。


バンコクの状況を伺ったり、メディアやそれらに精通したお知り合いはいないかと尋ねる日々。すると、とある方が、タイで活躍中且つメディア等との繋がりがあるかもしれない方を更に紹介してくれるとのこと。

徐々にタイやバンコク市内の情報も増え始め、企画書の活躍も間近に見えてきます。

そんなわけで、早速連絡を。こちらの意図も理解してもらえ、「是非お電話で」とのことでした。


これが、冒頭台詞の経緯となります。

先方は、日本人の方であると予め分かっていました。しかし、就職活動も大してせず、ビジネスマナーも未だ理解しきれていないハルカは、緊張から電話番号を押す指が震えます。

あれやこれやと考えれば考えるほど、緊張感は高まり、表情は意味もなく苦笑いに。

 

f:id:harukurukurupa-ma:20170222203353j:image


いざ話してみると、非常に気さくな方で、ヘッポコハルカにも律儀に対応してくれる、素敵な方でした。

電話を終えたグッタリハルカに、社長が声を掛けます。

 

「初めての電話は緊張するものだよ。一度経験してしまえばもう大丈夫。」(社長名言その1)

 

 

「繰り返し経験すれば慣れるけれど、たった一回ではそこまで変わらないんじゃ。」

 

こうハルカが思っていたのは、ここだけの秘密です。

 

……
…というのは今日ではなく、昨日の出来事。

「じゃあ今日は何してたんだ?」

 

はい。今日はハイスペさんをはじめ、社長やナイスミさんと最終チェックをしたり、追加資料の作成、その他細々とした準備を行っていました。

私もハイスペさんも、せかせかそわそわ。帰り際には、集合時間や持ち物をお互い何度も聞き返し、繰り返し唱えるばかり。社長曰く、

 

「プレッシャーを感じる時に、人は一番成長するんだ。」(社長名言その2)

 

緊張と不安とワクワクとモゾモゾとウネウネぐるぐるで、今夜は眠れそうにありません。

 

タイ出発まであと11時間5分。
頑張れ、ハルカ!
顔晴る、ハルカ!

 

<つづく>