読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

番外編: 私が入れ歯屋になるワケは、

”入れ歯屋”になることを決め、タイでの企画に携わることとなったハルカ。これは、ハルカが入れ歯屋への就職を決断する、少し前のお話です。

 


2016年3月

もちろんハルカも就職活動を開始しました。
日系メーカーやリサーチ職を中心にインターンシップや本選考へとエントリー。しかしながら、就活に約半年間を費やし、黒無地のスーツ、規定の髪型・メイクで、時には大学の授業を欠席の上で臨まなければならない点等、就職活動の枠組みに悲憤し(面倒くささを含む)、周囲の友人らと同様の就活生活を送ることはありませんでした。

ゆえに、ハルカがエントリーした企業数は極僅か。自身がしっくりくると感じる企業へのアプローチを重点的に行っていました。

 

 f:id:harukurukurupa-ma:20170217100624j:image

 

そんなある日のこと。興味深いインターンシップを発見したのです。

 

「5日間!海外でのマーケティングプランを考える、社長直轄型インターンシップ。」

 

当時探していた、約1週間でのインターンシップ。加えて、海外との繋がりもあり、興味のあるマーケティングにも触れることができる!
ハルカには打って付けの機会でした。

 

インターンシップや本選考のエントリー等を行った際、一般的には企業側からの確認通知やお知らせが、電話やEメールを通して配信されます。
ハルカが申し込んだインターンシップも、申し込み後に連絡が。そこでは、

 

「弊社は、入れ歯の販売や入れ歯関連商品の開発・販売を行っています。」

 

あれ?入れ、歯…?

 

実はそのメールを受け取る以前、ハルカは、その会社が入れ歯屋であるという事実に気づいていなかったのです。
インターンシップ内容に惹かれ、申し込んだ結果、その会社は入れ歯屋。これを知ったハルカ。そこでの所感は、「嘘、どうしよう…」でも「なんか嫌だなぁ」でもなく、

 

「いいじゃん。」

 

よく言えば”楽観的”、少し悪く言うと”天の邪鬼”なハルカの一面が顔を出した瞬間です。そしてこれが、私と入れ歯屋との出会いでした。

 

その後、実際にインターンシップへ参加。そこでは、嬉しいこと、おもしろいこと、困ったこと、大変だったこと、様々な感情が入り乱れるも、充実した5日間として終えることができました。

 

また、この入れ歯屋では、インターンシップが選考フローの一部。そして、「この会社は入れ歯屋だ!」と知ったその時からのテンションは下がることなく、入れ歯屋から内定をもらうこととなったのです。

その後も、片手で数えられる程の企業の選考を受けるも、入れ歯屋でのインターンシップの折に感じた雰囲気や入れ歯をはじめ、多くの要因が相重なり引き寄せられ、入れ歯屋への就職を決意しました。そして、アルバイトとしてオフィスへと通い始め、今に至ります。

 

振り返れば、タイ企画や就活でのドタバタも、今に始まった事ではないのだと。果たしてこのドタドタバッタンはいつまで続くのか?乞うご期待ください!

 

<つづく>