番外編:お久しぶりです、ハイスペです。

お久しぶりです。ハイスペです。

 

「そろそろ記事を1本書いてください!」とハルカからお願いをされ2本目の記事を書くことになりました。

ハルカの記事を楽しみにされていた皆様、申し訳ないですが今回は私にお付き合いください。

 

ちなみに前回の私の記事はこちらです。

sekai-de-ireba-challenge.hatenablog.com

 

さて、急ですがここで重大発表です。

 

 

私ハイスペ、海外事業部ではなくなりました。

 

 

ハルカ、なんと入社直後に独り立ちです。

 

とは言っても、私も海外のこともやってます。

現在は部署の枠を超え、海外事業・認証の取得・動画編集・web更新など色々やってます。

 

web更新は独学でかじっていたこと、動画編集も独学とテレビADのアルバイトをしていたことが仕事につながりました。自分が好きでやってたことが仕事につながるのは嬉しいですね。

 

さて、タイでの事業開始の準備をハルカが着々と進めていますが、別件で先月にフォワーダーの方とお話しする機会がありました。

せっかくなので、ということでハルカも呼んでお会いしたのですが、タイでも気が付いたハルカの弱点が露呈しました。

 

それは、、、

 

日本人に弱い。笑

 

タイでは初対面で通訳さんがいなくても、「ちょっと話しかけてみます!」と話しに行ったり朝のエアロビに参加したりと人が変わったかのような勢いのハルカでしたが、日本人の方に会うとなると、借りてきた猫のように大人しくなります。

ちなみにタイで日本人の方にお会いした時もとっても大人しかったです。

 

どうやら、海外でテンションが高くなるよりも日本人の方と話す緊張感の方が勝るようですね。

電話の応対はハキハキしてるんですけどね。

 

そういえばタイで、

 

「まだ会社では猫50匹ぐらいかぶってます。」

 

f:id:harukurukurupa-ma:20170623155549j:plain

 

と語っていました。

今後その猫を引き剥がしていく必要がありそうです。

 

ハルカも営業とか良いのでは、と思っていた矢先のこと。

今後の国内営業について、ある社員さんと話していた社長の口から突然、

 

「大丈夫。ハイスペもやるから。」 

 

との声が。

 

「え??聞いてないです…。」

 

と、つい口に出すと、

 

「言ってないもん(笑)。」

 

 

入れ歯屋2年目も楽しくなりそうです。

 

<つづく>

以心伝心

ハルカです。

累計ページビュー(PV)数が間もなく1万を迎えます、喜びながらハイスペさんへ報告したところ、「なんだ、累計で1万か」と。そういう気持ちは解るのですが、一緒に喜んでくれても…と心の隅で思ったり。そんなこと直接は言えませんが。

もちろん、PV数を伸ばすことがこのブログの目的ではありませんが、お会いした方から「ブログ読んでます!」と声をかけられたり、アクセス数が少しずつ伸びていくことは、ただただ嬉しいばかりです。更に多くの方に読んで頂けるよう、定期更新に励みます。

 

 

実は私、入社して以来、会社へかかってきた電話を取るよう心がけています。

その内容や発信元は多種多様。急いでいる人、電話口から他の話し声がよく聞こえる人、方言で話す人、明るく話す人…。ハルカは社内にいることも多いため、顔も知らない誰かと言葉を交わすことが、時折新鮮にも感じられます。

しかしながら、うまくいかないことも多く、納期を間違えてお伝えしてしまったり、保留の間に電話を切られていたりと数知れず。

 

そんな中、ちょうど1か月ほど前のことでした。

社内にてコミュニケーションの講座が開講されたのです。対象は主に電話の対応をする人。講師はいつぞやにブログにも登場したナイスミさんです。

ちなみに登場回がこちら。

sekai-de-ireba-challenge.hatenablog.com

 

講座では、「話をしている際は、自分を客観的に見るほうがよい」「会話のキャッチボールが多いほどミスコミュニケーションは増える」「相手の側に立って要望を聞く」などなど、新たに知ったことや気付いたこと、意外に感じたことが多く、充実した時間となりました。

 

そしてその中で知ったことのうち、特に印象に残った内容が「聞き出し方は引き出し方」という点。

そもそも、人が会話をする際、口から発する言葉と心の中で考えていることはほとんどの場合相違があるとのこと。その心の中での考えを引き出すことこそ、相手の望みや思いを聞き出すことそのものであるそうです。

たとえば、

 

「お昼ごはん何食べたい?」

 

といった質問に対し、昨晩の夕食はカレーだったけれども

 

「なんでもいいよ。」

 

 

と回答。

 

「じゃあカレーにしようか。」

 

という会話がなされる状況は、容易に想像がつきます。

 

f:id:harukurukurupa-ma:20170620173329j:plain

 

相手が「望んでいるものの、言葉として口にはしないこと」を推測・仮説立てをし、こちらからその本心を当ててみる。これがまさに、相手から、心地よく真の要望を引き出すことができるコツだそうです。ということで、

 

実際に試してみました。

 

その講座を受ける以前まで、電話にて商品の注文を受けた際の投げかけは

「おいくつご用意しましょうか?」

でした。大きな問題なくコミュニケーションをとることはできますが、数字をうまく聞き取れなかったり、前回の注文数を逆に質問されたりと、意思疎通に苦労することもしばしばありました。そこで、

 

「前回のご注文と同様、4箱でのお買い求めでよろしかったでしょうか?」

 

と言い換えてみることに。

すると、会話が一気にスムーズになり、聞き返しも減るように。スマートな電話対応へと少し成長したのでした。

 

 

とはいっても、まだまだミスや不備が目立つ今日この頃。

以前と変わらず、敬語や日本語も完璧ではないうえに、コミュニケーションにも苦労するハルカ。海外事業部としての業務、それ以前の問題に躓くそんな自分に、一体何ができるのだろうかと迷走するばかりです。

 

<つづく>

 

ところでナイスミさん、講座の内容に関し、

私の解釈、合っていますか?

 

日本語、ムズカシイ。

ハルカです。
先日、今さらながらに100kmウォークの打ち上げを開催しました。

「最後の10kmが一番つらかった」とか、「トンネルのところでポニーさんが気分悪くなったのは、おにぎりの食べすぎ」、「入れ歯屋が初めて100kmウォークを取り入れ、当時のメンバーで参加した時は、ふざけすぎて運営に怒られた」

などなど今だからこそ言える裏話や、過去の伝説話に花を咲かせ、楽しいひと時を過ごしました。

 

f:id:harukurukurupa-ma:20170616162555j:plain

 

さて、最近新たなる悩みが沸々と出始めました。

それは、タイのことでもなく、社長からの指令でもなく。

 

とにかく敬語が難しい、ということ。

 

電話のとき、先輩社員と話すとき、社外の方へメールを送るとき…

心の中では尊敬の思いで溢れており、精いっぱいへりくだっているつもりにもかかわらず、言葉を思い通りに操ることができないのです。おかしなことばづかいになってしまったり、はたまた、言葉を気にしすぎて全体的に美しくない表現になってしまったり。

 

自分が見積もりを依頼する際の表現は「お見積もり」なのか?「見積もり」なのか?「~できますでしょうか?」はさすがにくどい?

さらには、メールの本文にて「御礼申し上げます。~してまいります。よろしくお願いいたします。」と見ると、ますますばかりで違和感だし…等。悩む点は尽きることなく湧き出始めます。

これまで何度「ビジネスメール ~」と検索したことか。

 

 

そして昨日のこと。

ハルカは、メッセージを介し、社長からとある助言を受けていました。そのアドバイスを受け、「まさにその通りだな」と感じたハルカは、社長へ早速返信をします。

 

なるほど。承知しました。

 

すると社長から、

 

「なるほど」は目上に対しては使わない方がいいよ。

 

まさに「はっ」とし、すぐさまインターネットで「なるほど 失礼」と検索。どうやら、この言葉を上から目線とられる恐れがあるばかりでなく、相手の意見に評価を下したうえで同意をする意も含まれており、失礼にあたるとのことでした。

 

これまで口癖となりつつあった「なるほど」に、それほどの意味が含まれていたとは露ほども知らず。

 

そして、先ほどの社長とのやり取りには続きが。

「なるほど」が失礼な表現であると知ったハルカは、謝罪と言い直しの意を込めて「おっしゃる通りです。」と返信しました。すると、社長は

 

ここで「なるほど」ってボケれたら一流

 

だそうです。

まだまだ一流へはほど遠いハルカなのでした。

 

<つづく>

〇〇〇〇を探せ!

ハルカです。

スーパーへ出かけたら、キャベツが特売となっていたため、「ミルフィーユ鍋をやろう!」と意気込み豚肉とともに購入の末帰宅。自宅へ到着後にレシピを検索すると、ミルフィーユ鍋に使われているのは白菜であったと発覚しました。

もちろん、白菜は買ってきていないので仕方なくキャベツで代用。白菜の方がおいしいだろうなと思いつつ、「おいしい」と一人ぼそりと呟きながら食事を済ませました。

 

 

さて、入れ歯屋のハルカに新たな指令が下りました。

人探しをします。

前回の人探しの令を受けた際は「海外で入れ歯に困っている人を見つけ出す」といった課題を与えられましたが、第二の人探し指令はなんと、

 

日本語とタイ語が話せて、Web制作もできる人

 

f:id:harukurukurupa-ma:20170612180039j:plain

(引用:Where's Waldo?)


ことの始まりは昨日の朝。
タイのバンコクへと赴いた社長から、現地で起きたあれこれの共有をしてもらっているときのことでした。今後タイでどのようにビジネスを進めていくのか、現地パートナーとの打ち合わせ、新たなる試みのための情報収集など、軽いフットワークでバンコクを巡ってきた社長。
そこで何を知り得たのか、

 

タイ語のパンフレットやWebページを準備をしなければならぬ!」

 

と。

これまで、バンコクの公園で入れ歯に困っている人を探したり、コンフォートにしてもらって動画に収めたり、はたまたタイでコンフォートの事業を開始する為の情報を収集したりと取り組んできました。そしてそれらはいずれも、事業を始めるための土台作り。社長の言葉で表すと地上戦。


しかしながら、コンフォートが有名となった社会を想像すると、それだけでは足りないと言うのです。

たとえば、以前、公園で集めたばあちゃんにコンフォートを試してもらった動画。この動画を用いてプロモーションを行ったとして、その動画を見た人がインターネットで「コンフォート」と検索したとします。いくら検索をかけても何もヒットしなかったとしたら。

もしかすると、結局コンフォートをよく知らないまま、医院へ行って「コンフォートっていうものを耳にしたんだけど」とも言わないまま、終わってしまうかもしれません。

 

そんな状況を阻止し、更にはWeb世界にひしめく見えざる手によってコンフォートを広げるために、そのツールを準備しなければならないのです。


もちろん社長からは、いつも通り、

 

「日本でいま使っているサイトやチラシをタイ語にしておいて。」

 

と伝えられますが、ハルカはタイ語を書くことも読むことも、もちろん話すこともできません。知っていることと言えば、「ありがとう」と「入れ歯」くらい。
その点は社長も察してくれたのか、今回は、

 

「日本語とタイ語を使うことができて、Web制作やSEOの提案、運用もできる人を探そうよ。」

 

そして、冒頭に戻ります。

 

しかしながら、人を探すにはまず具体的にどのような人がほしいのかを明確にしなければ、うまくマッチングすることができないというのが現実。ゆえに、


雇用形態は?給与はいくらが相場なのか?そもそもその人にどれほどの仕事量の振り分けが予想されるのか?日本にいるタイ人?日本人?タイにいる人?…

 

相も変わらず、考えなければならないことは山積みです。

 

<つづく>

番外編:夢と夢。

ハルカです。
最近、自分にしては珍しい丈の長いスカートを購入しました。

普段と違うものを身につけていると、不思議と気分も上がるもので。駅の階段をかけ足に下っていくことでさえ、スカートがふわっと風になびき、まるでシンデレラになったかのような気分になります。
その一方、普段慣れない服装をした為に、出社早々、椅子の足についたコロコロに裾を巻き込まれるという事態に。なんとまあ嘆かわしいことよ。

 

 

f:id:harukurukurupa-ma:20170609185724j:plain

 

さて、今回はハルカのこぼれ話回です。

先日、「寝ているときに見る夢と、将来に望む夢が同じ表記をされる」と今さらながらに気付きました。

もちろん、どちらも同じ「ゆめ」ではありますが、寝ているときに見るものと、自分が将来的に考えていることがどちらも同じ表現・表記を成されることは、自然なようで不自然。なぜどちらも「夢」なのか、未だに答えは見えないままです。

しかしながら、きっと同義であるからこそどちらも夢なのだろうと迷走しつつ。

 

夢といえば、ハルカは夢を語る大会に参加しました。
厳密には、夢を語る大会を企画・運営する団体へと属し、夢を語る役として登壇をしました。どうやら日本では割と有名な大会だったそうですが、当時のハルカはそんなこと知る由もありません。

 

そこで、登壇者は10分間で自分の夢を語り、見ている人へ大きな感動と共感を与えることによって真の支援者を集めます。とはいっても、ハルカ達の企画の主導は学生であったこともあり、支援者を集めることももちろん目指しますが、一部「自分を見つめなおして→その思いを人に伝える」部分に特に重きを置きながらの企画でありました。

 

参考までに、大会のオープニングにて仕様した紹介ムービーを

 

v.youku.com

 

ちなみにハルカは、

「攻めのおもてなしで海外の方に日本を知ってもらう」

といったことを話していたり。

 

 

この大会を実施した2年前を振り返ると、無意識のうちにその考えと当てはまる環境でいま働くことができていると感じています。

 

ハルカの語った夢は、「日本で生まれたものを通して海外の人たちに喜んでもらいたい」といったものでしたが、今いる入れ歯屋では「柔らかい入れ歯・コンフォートで、海外で入れ歯に困っている人を噛めるようにする」ということに当に挑戦しているのです。

 

なんと幸せなことかと思う、脳内お花畑なハルカなのでした。

 

<つづく>

 

本ブログ、以後定期更新を目指します。

目標は火・金!

今後ともよろしくお願いします。

 

思考をととのえて、

ハルカです。

先日、社長のランニング仲間の会へ参加をしてきました。ありがたいことに、その会へ参加している方々が本ブログを読んでくださり、お呼びを受けた次第です。

最初に訪れたのは、銀座の隠れ家バー。何を注文していいかわからず、梅酒を頼んだところ、

「ごめん、ワインしか置いていなくて…」

誰かに誘われない限り、基本的に自宅へと引きこもる、怠惰なハルカの性分が露呈した瞬間です。

 

f:id:harukurukurupa-ma:20170605163848j:plain

 

さて、相も変わらずタイのことばかり考えているハルカです。

まだまだ準備段階といえど、準備段階だからこそあれやこれやと考えなければならないことが多くあります。

社長からの指令はあくまで、

 

「コンフォートの事業をいつでも進められるようにしておいて」

 

ということだけ。

わからないなりに調べ始めると、ある程度のことは少しずつ明らかになってくるもので。調べたことを少しずつリストアップしていきました。

 

  • タイで入れ歯は医療機器
  • 生産拠点を建てるとすると、その規模によって許認可や申告が必要
  • 手順を踏むと輸入関税が低くなる
  • BOIがなんとかで
  • なにかがあれでこうなる…
  •  

 

当然のことながら、知っていることよりも、知らないことが多い情態のため、新たな情報が入る入る入る。「へぇーそうなのか。」とか「あーなるほど。」といった感情があふれ出します。

忘れないように、今後振り返った折にわかりやすいように、テキストに打ち込んだりノートに走り書いたり。そんな中、ふと思ったのです。

 

あれ、いま何がわからないんだろうか?

 

と。

ただひたすらに無作為に思いついた疑問点を解消していくと、判る解ることは解るけれど、判らないことがワカラナイ。手の着けようがなくなり、唸るばかりです。

そんな私の元へ社長がやってきました。

 

マインドマップをつくってごらん」

 

マインドマップ、聞いたことはあるけれど、実際に活用したことはこれまでに数えるほど。過去につくった際も、うすらぼんやりとした知識・考えの範疇に収まるものであり、これといって大きな気付きがあったわけではありませんでした。

 

とにかくまずは、見よう見まねで書いてみることに。言葉で説明するよりも、見た方が早いだろうという推測の下、実際に作成したものを紹介。

 

f:id:harukurukurupa-ma:20170605170342j:plain

 

ぐちゃっとしているし、とにかく青いペンが青い。しかし、いざ書いてみると、今取り組まなければならないことが、より組織化されて見えるようになりました。

 

少し前の自分が「タイの規制について調べる」と思い立ったとすると、まずは、タイへの日本企業の参入に関わるWEBサイトをひたすら見て回ることに徹していました。そして、そのサイトで見つけたキーワードを頼りに、「あっ、日本人が現地で働くにはビザと労働許可が必要なのか」「原材料の輸入にも許認可がいるのかも」と目の前に出てきた課題を、その都度その都度チェック。忘れたらまた少し前へ戻って、ということの繰り返しでした。

 

しかし、マインドマップを作ってみると、「今調べなければならない規制事項は、こことここ、さらにはこの領域にあるな」と、より全体や少し先を見据えたものに。試しに作ってみたマインドマップにこれほど救われるとは、1週間前の自分は、知る由もありません。

 

 

社長って、すごいのね。

 

<つづく>

いざ、新天地へ。

ハルカです。

私の食べ物の嗜好が若者ではない、と母からお告げを受けました。そう伝えられた日の夕食のおかずの中には揚げだし豆腐が。お出汁のよくしみたガンモや、はぶたえ餅も好きです。

 

 

ここ数週間はありがたくも、社外の方に会う機会が多くあります。

 

たとえば、入れ歯屋の代理店の方々をお呼びし、年に一度開催される代理店様会。

入れ歯屋が普段お世話になっている代理店の方々を招き、入れ歯屋の最近のことや今後の方向性を共有し、さらにはそれらに対する代理店の方々からの意見交換など、全国各地から集まった代理店の長たちが一堂に会する滅多にない場です。

 

もともと歯科や入れ歯といったのことに縁遠いハルカはあまり感じたことはありませんが、どうやらうちの入れ歯屋は、歯科の業界ではやはり特異的なポジションにいる模様。社長が歯科関係出身ではないこともその理由の一つだそうです。

だからこそ、社外の方から客観的な意見をもらうことは、事業を大きくしていくためにも、代理店の方々と力を合わせて連携を強くしていくためにも、欠かせないことなのだなと。と同時に、このような出会いあってこその入れ歯屋だとも感じます。

これは、タイへ行った折にも同じことを考えていたことであったり。

 

この気付きがあったからなのか、はたまた偶然か、今週末はまた新たな地へと赴きます。

その名も、IRE-BAR。

 

イレバー!

 

詳細は是非公式ページから!

ire-bar.com

 

先日、会社へ出勤するとハイスペさんが見慣れぬT-シャツを着、社長に写真を撮られていました。IRE-BAR参加者へと販売をするT-シャツをつくったのだそう。社長のfacebookにて紹介をするべく撮影していましたが、結局その撮影画像は公開されず仕舞いだったとか。理由は「線が細いから。」

せっかくなので、本ブログにて大公開!

 

こちらのT-シャツ、IRE-BAR参加者の方のみへの限定販売となります。ぜひみなさまIRE-BARへお越しください!

 

f:id:harukurukurupa-ma:20170529184541j:plain


個人的に「IRE-BAR」という名前と黒い背景のデザインがお気に入りです。それも相まって、今回参加してみることにしました。果たしてどんな会になるのか、どんな出会いがあるのか、いまから楽しみです。

 

 

最後に、4月中旬の入社間もないころ、コンフォートについてより知るべく始めたコンフォート加工、やっとハルカのサンプル症例も終わりを迎えました。以前、ちらとブログでも触れたかと思われますが、記憶から無くなるほど前に取り組んでいたものになります。

 

f:id:harukurukurupa-ma:20170529163833p:plain

 

作業期間、約1ヵ月半にして1床。作業効率の悪いことこの上なし。

途中過程としては、左が以前ブログでも掲載をしたやりかけコンフォートとなります。そしてその右が、ありとあらゆる手を加え完成までこぎつけたコンフォート。全体的にツヤピカになりました。

 

f:id:harukurukurupa-ma:20170529151550p:plain

 

長らく手ほどきをいただいた歯科技工士の社員さんは、今週いっぱいで退職されるそうです。社外に限らず、会社の中での出会いも大切に、多くの人のお力を借りながら仕事がんばろう!と思ったハルカなのでした。

 

<つづく>