「はじめまして、ハルカと申します。」

ハルカです。

初めて社外の方へ電話をしました。


以前、

 企画書はラブレター? - ある日、入社予定の会社の社長から「海外のどこかの街で入れ歯で困っている人を見つけてきてよ」と言われて海外で入れ歯の人探しをすることになった内定者のブログ

あたりでもお伝えしたかと思いますが、ハルカはマスメディアへの取材依頼を考えつき、それ を記した企画書を作成しました。
企画書を作っても、それを当事者に見てもらわなければ、意味を成さない。ということで、その後、社長のとてつもなく素晴らしい人脈により、タイとの繋がりを持つ方々を紹介してもらえることとなったのです。


バンコクの状況を伺ったり、メディアやそれらに精通したお知り合いはいないかと尋ねる日々。すると、とある方が、タイで活躍中且つメディア等との繋がりがあるかもしれない方を更に紹介してくれるとのこと。

徐々にタイやバンコク市内の情報も増え始め、企画書の活躍も間近に見えてきます。

そんなわけで、早速連絡を。こちらの意図も理解してもらえ、「是非お電話で」とのことでした。


これが、冒頭台詞の経緯となります。

先方は、日本人の方であると予め分かっていました。しかし、就職活動も大してせず、ビジネスマナーも未だ理解しきれていないハルカは、緊張から電話番号を押す指が震えます。

あれやこれやと考えれば考えるほど、緊張感は高まり、表情は意味もなく苦笑いに。

 

f:id:harukurukurupa-ma:20170222203353j:image


いざ話してみると、非常に気さくな方で、ヘッポコハルカにも律儀に対応してくれる、素敵な方でした。

電話を終えたグッタリハルカに、社長が声を掛けます。

 

「初めての電話は緊張するものだよ。一度経験してしまえばもう大丈夫。」(社長名言その1)

 

 

「繰り返し経験すれば慣れるけれど、たった一回ではそこまで変わらないんじゃ。」

 

こうハルカが思っていたのは、ここだけの秘密です。

 

……
…というのは今日ではなく、昨日の出来事。

「じゃあ今日は何してたんだ?」

 

はい。今日はハイスペさんをはじめ、社長やナイスミさんと最終チェックをしたり、追加資料の作成、その他細々とした準備を行っていました。

私もハイスペさんも、せかせかそわそわ。帰り際には、集合時間や持ち物をお互い何度も聞き返し、繰り返し唱えるばかり。社長曰く、

 

「プレッシャーを感じる時に、人は一番成長するんだ。」(社長名言その2)

 

緊張と不安とワクワクとモゾモゾとウネウネぐるぐるで、今夜は眠れそうにありません。

 

タイ出発まであと11時間5分。
頑張れ、ハルカ!
顔晴る、ハルカ!

 

<つづく>

入れ歯をつくろう!

こんにちは、ハルカです。

 

出張を今週末に控え、さすがに準備に集中しなければまずい!ということで、早速本日出社。加えて、ハイスペさんから明日の出社をも命ぜられました。

今日、明日はその日の業務内容の一部をご紹介します。

明日もブログを更新されたとすると、それはすなわち、「準備が完了し、余裕ができた。」もしくは「準備が終わらず、逆に発散。」のいずれかの情態を示唆します。

 

ハルカは本日、人生初となるコピーデンチャーの製作に挑戦しました。「コピーデンチャー」とは、いわゆる入れ歯のコピー。なんと、このコピー入れ歯の作り方を覚えた上で、タイへ行けと言うのです。

というのも、タイで入れ歯に困っている人を探し出し、柔らかい入れ歯・コンフォートを試してもらうには、参加者の使用する入れ歯を、一時的(約1週間)に預からなければなりません。1週間も歯が無い生活…ハルカには耐えられないかと。

ゆえに、コピー入れ歯が必要となるのです。

 

最終的にそのコピー入れ歯は、タイの歯医者さんに作ってもらいますが、文化の違いもあり(?)、タイの歯医者さんどうやら作り方を知らないそう。大まかな製作の流れを伝えるべく駆り出されたのは、ハルカでした。作っては見たものの、私では技術的な説明は不可能であると判断し、以下、製作の様子を写真にてお送りします。

ちなみに、製作はすべて歯科技工士のオヒゲさん(new!)に教わりました。写真の撮影は、ハイスペさんです。

 

f:id:harukurukurupa-ma:20170221180301j:plain

 

これらの作業を通し、ハルカが不器用であるといった疑惑が浮上。アルバイトで勤務をするも、いまだ猫を50匹ほどかぶっていたため、少なからずその内を露見することとなり、心外な結果と終わりました。

 

f:id:harukurukurupa-ma:20170221180440j:plain

 

 教わりながらも四苦八苦を繰り返し、なんとか完成しました。

 

f:id:harukurukurupa-ma:20170221180710j:plain

 

ところで、近頃よく話題に挙がるハイスペさん。本日、私の出社が久々であったこともあり、2人での打ち合わせを組んでもらったのですが、打ち合わせも終盤に差し掛かり、互いに席を立とうとしたその時。ハイスペさんから、

 

「いやー、今回の出張はあんまり行きたくないなー。」

 

とのお言葉が。今回の企画、「行ってみてどうなるか次第だね」といった不確実要素が数多く残ることもあり、ハルカ自身、楽しみ半分・不安半分でした。しかしながら、先輩社員でありハイスペックなハイスペさんが不安度100%で、誰が安心してタイへと旅立つことができるのでしょうか?!

 

ひどいよ、ハイスペさん!

 

<つづく>

巻き込み、巻き込まれ、ぐーるぐる。

ハルカです。

先日、卒業旅行で台北を訪れ、国立故宮博物院の代表とされる翠玉白菜を観覧し、その写真を母へ送ったところ、

「使いかけの白菜みたい」

翡翠でできた貴重品なのに…。

 

f:id:harukurukurupa-ma:20170220185832j:plain

 

さて、タイでの企画準備を進める中で、しばしば社長やハイスペさんを交えたミーティングを開き、経過報告等を行っています。今回は、そのミーティングでの一コマ。

 

ハルカが出社をしていたこの日も、ミーティングを予定していましたが、ハルカはいつになくウジウジと考えあぐねていました。

 

それもそのはず。バンコク訪問が決まるも、タイ語への対処方法、通訳が定まっていなかったのです。考えれば考えるほど、ハルカの脳内はぐーるぐる。

 

現地で日本語を学んでいるタイ人や、日本人留学生に手を借りることができればいいけれど、全て断られてしまった…。いっそのこと通訳アプリで頑張るか?いや、やはり高リスクであることは否めない。格安通訳をなんとかして探し出すべきか?でもやっぱり…。どうしよう、どうしようどうしよう。

 

ぐるぐるしていても、ミーティングの時間はやってきます。

今回、そのミーティングに参加するのは、社長、ハイスペさん、ハルカ、そしてもうお一方でした。以前、

sekai-de-ireba-challenge.hatenablog.com

こちらに登場し、ハルカへ多大なるアドバイスを超速送球マシンの如く送ってきた人物、ナイスミドルさんです。通称ナイスミさん。

 

通訳の件が議題に上がったそのとき、ナイスミさんが口を開きました。

 

「ここまできたら、Faceb〇〇kとかも使って人に当たらないと。周りを巻き込んでいかなきゃ。」

 

なるほどな、と思いました。

自分の知人の中からタイやタイ人を知る人を探し出すことはもちろん大切なこと。しかし、「知り合いの知り合い」という一枠超えた繋がりをも紡いでこその社会であり、それを最大限活かすことができる現代社会に自分はいるのです。ハルカは、独りでにそう確信しました。

またこれまで、大学のOBやOGの方から話を聞く度に「巻き込み力」という言葉は耳にしていましたが、当時の私は素知らぬ素振り。「巻き込み力」と聞いても、ピンと来ていないのが正直なところでした。しかし、あれから2年程経った今、その意味を身を以て理解したと言っても過言ではありません。

 

ちなみに、ナイスミさんは英語や手品は得意ではないそうですが、ビジネスマン歴〇十年の(たぶん)スゴい人です。

 

少しだけ視界が開けた面持ちのハルカ。 

それでは、次に何をするのか?

 

これまでのような直接連絡を取る手段に加え、SNSを利用し、多くの友人・知人に

 

タイ語できる人、探しています!」

 

と訴えかけることに。無論、公開範囲は「利用者でない人も含むすべての人」です。

 

すると…

 

「通訳OK出ました!」

 

なんとハイスペさんの知人(の知人?)の方が引き受けてくれることに。

やはり、ハイスペさんはハイスぺさんでした。

 

タイへ行く日まで残り僅か。そろそろ不安も過る頃。

ハルカは無事、企画を全うできるのでしょうか!?

 

<つづく>

番外編: 私が入れ歯屋になるワケは、

”入れ歯屋”になることを決め、タイでの企画に携わることとなったハルカ。これは、ハルカが入れ歯屋への就職を決断する、少し前のお話です。

 


2016年3月

もちろんハルカも就職活動を開始しました。
日系メーカーやリサーチ職を中心にインターンシップや本選考へとエントリー。しかしながら、就活に約半年間を費やし、黒無地のスーツ、規定の髪型・メイクで、時には大学の授業を欠席の上で臨まなければならない点等、就職活動の枠組みに悲憤し(面倒くささを含む)、周囲の友人らと同様の就活生活を送ることはありませんでした。

ゆえに、ハルカがエントリーした企業数は極僅か。自身がしっくりくると感じる企業へのアプローチを重点的に行っていました。

 

 f:id:harukurukurupa-ma:20170217100624j:image

 

そんなある日のこと。興味深いインターンシップを発見したのです。

 

「5日間!海外でのマーケティングプランを考える、社長直轄型インターンシップ。」

 

当時探していた、約1週間でのインターンシップ。加えて、海外との繋がりもあり、興味のあるマーケティングにも触れることができる!
ハルカには打って付けの機会でした。

 

インターンシップや本選考のエントリー等を行った際、一般的には企業側からの確認通知やお知らせが、電話やEメールを通して配信されます。
ハルカが申し込んだインターンシップも、申し込み後に連絡が。そこでは、

 

「弊社は、入れ歯の販売や入れ歯関連商品の開発・販売を行っています。」

 

あれ?入れ、歯…?

 

実はそのメールを受け取る以前、ハルカは、その会社が入れ歯屋であるという事実に気づいていなかったのです。
インターンシップ内容に惹かれ、申し込んだ結果、その会社は入れ歯屋。これを知ったハルカ。そこでの所感は、「嘘、どうしよう…」でも「なんか嫌だなぁ」でもなく、

 

「いいじゃん。」

 

よく言えば”楽観的”、少し悪く言うと”天の邪鬼”なハルカの一面が顔を出した瞬間です。そしてこれが、私と入れ歯屋との出会いでした。

 

その後、実際にインターンシップへ参加。そこでは、嬉しいこと、おもしろいこと、困ったこと、大変だったこと、様々な感情が入り乱れるも、充実した5日間として終えることができました。

 

また、この入れ歯屋では、インターンシップが選考フローの一部。そして、「この会社は入れ歯屋だ!」と知ったその時からのテンションは下がることなく、入れ歯屋から内定をもらうこととなったのです。

その後も、片手で数えられる程の企業の選考を受けるも、入れ歯屋でのインターンシップの折に感じた雰囲気や入れ歯をはじめ、多くの要因が相重なり引き寄せられ、入れ歯屋への就職を決意しました。そして、アルバイトとしてオフィスへと通い始め、今に至ります。

 

振り返れば、タイ企画や就活でのドタバタも、今に始まった事ではないのだと。果たしてこのドタドタバッタンはいつまで続くのか?乞うご期待ください!

 

<つづく>

企画書はラブレター?

ハルカです。

 
先日、タイでの企画概要を組み立てるも、多大なる課題を残していたハルカ。予告で明らかにした通り、ハイスペさんも共にタイへ向かうこととなり、事前準備を含め、本企画に携わってもらえることとなりました。
 
それら課題のうち、最重要と言っても過言でない点。それは、「タイで撮影したドキュメンタリーをどのように多くの人に伝えていくのか?」ということです。
 
その答えは、存外すぐ側にありました。それは、
 
マスメディア
 
マスメディアです。
 
ハルカは考えたのです。
 
動画を撮影するのであれば、それを最大限用いたい。ここ最近、「動画」をよく見かけるのはインターネット上がほとんどです。
そんな中、我々が広げたいと思っている商材は入れ歯である、と。
 
「入れ歯を使用する方の多くはご老人。タイのおじいちゃん、おばあちゃんはスマートフォンやパソコンを使いこなし、SNSを使用しているのか?」
 
…少々危ういな。
 
一方、マスメディアのターゲット層は幅広く、それらが用いる媒体は、新聞、テレビ、雑誌、ラジオ等…
実際、ハルカの祖父母も携帯電話は使用していますが、基本的に携帯電話の電源は切られています。そして、主な情報源はテレビ・新聞からがほとんどのようです。
 
よって、タイのメディアに取材をしてもらうという手段がよりよいと結論づけました。
内定者ハルカのアホ企画に、CMや雑誌広告等への莫大な費用をかけることはもちろんできません。ならば、取材にきてもらえればいいのです!しかし、ただ突っ立っているだけでは、メディアからの取材は来る筈もないということは明白です。そこで社長は、
 
「それなら、メディアの方々へ取材を依頼する企画書を作ってみてよ。」
 
 
そろそろこの規格外の指令にも慣れ…たわけではありませんが、私も
 
 
「企画書、ですか?まあそうですね。」
 
「俺の部屋に企画書の書き方の本とかあるから、いい機会だし、やってみな。」
 
社長室からhow-to本を拝借し、ページを繰ると、「企画書はラブレター!」と断言されていました。生まれてこのかた、ラブレターなどとは無縁であったハルカにはさっぱりです。
 
f:id:harukurukurupa-ma:20170212211648j:plain
 
ピーマンを思い浮かべつつ、ワカメのように流れながら作った企画書。果たしてどのような企画書が出来上がるのか!?
 
頑張れハルカ!
行け行けハルカ!
 
(予告でハイスペさんの名を出しながら、その内容は数行で終わってしまいました。ハイスペさん、ごめんなさい。)

それでも、私はめげない。

こんにちは。先日、ブログの第一投稿を自分のFacebookページでシェアをしたハルカです。

私の“入れ歯屋就職”を知らない友人から、Facebookのアカウント乗っ取りを心配されました。ちなみに、本物が書いています

 

 

さて、社長から「タイの街中で入れ歯に困っている人を探し出す」という指令を受けたハルカ。その後、具体的な企画内容を日々模索していました。閃いては行き詰まり、また別の案を閃くも現実性に欠ける案…まさに試行錯誤の繰り返しです。その末に行き着いたのは、

 

「入れ歯に困っている人にコンフォートにしてもらい、使用前後の様子を動画に収めてプロモーションに使ってしまおう大作戦!」

 

以前ご紹介した柔らかい入れ歯、コンフォート。実は日本での評判は良いそうです。コンフォートに変えた患者さんは皆、「なんでも食べられるようになった!」と大喜びなんだとか。

これを踏まえ、「タイでコンフォートにした患者さんが喜ぶ姿を映像に収めて流せば、他の人も注目するのでは?ついでに、街中で入れ歯に困っている人を探す様子も撮っておけば、それなりにドキュメンタリーっぽくなりそう!」そんな魂胆です。

 

割とそれっぽくできたので、早速報告してみました。今回は社長ではなく他の社員さんに聞いてもらうことに。すると、

 

「いつ何時のフライト・ホテルで行くつもり?それぞれどれだけの費用が掛かる?タイの街中では英語は通じないよ。通訳を雇うのは予算オーバーになるしどうするの?入れ歯に困っている人ってそんな簡単に見つかる?バンコクのどこでやるつもり?ー(中略)ー全然決まってないじゃん、もっとしっかり詰めてきて。」

 

………

 

f:id:harukurukurupa-ma:20170207210100j:plain

 

テンションは急降下するも、これらはすべて今回の企画を成功させるためには必要不可欠なこと。気を取り直してTo Doリストを作成、作業を再開しますが、やはり一人では不安な点も多く残ります。

 

そんな時に登場したのはとある先輩社員。もしや、グズグズ内定者のアホ企画を見かねてサポートをしてもらえるのか?そんな邪心がよぎります。

 

「タイの企画大変そうだね。大丈夫そう?」

  

ハルカ「まだやらなければならないことがてんこ盛りで。ぜひ先輩の力をお借りしたいところです。」

 

実はこの先輩、入社一年目にして多数の地域へと出張を重ね、英語を見事に操り、しかも手品もできる超ハイスペック系社員さん。ハイスぺさんが来れば怖いものはありません。これまでの仕事や出張経験から、きっと素晴らしい提案をしてくれるはず。そう信じた結果、

 

「あーそっか。がんばって!」

 

…あれ?

 

 

 

 

相変わらず予想を裏切る入れ歯屋社員の仲間たち。

そして、既にてんやわんやなハルカをさらなる試練が待ち受けます。

 

次回、

「ハイスぺさん、企画に加わる。」

「企画書って何?」

の2本です。お楽しみに!

「海外のどこかの街で、入れ歯で困っている人を見つけてきてよ。」

はじめまして、こんにちは。大学4年生のハルカ(偽名)です。

春からは都内の某入れ歯屋への就職を予定しています。

 

私は現在、就職予定先にて週に一度アルバイトとして働いています。通常、勤務中は入れ歯について調べたり、海外の入れ歯事情を調べたり…。時には社外ミーティングに参加することもあり、会社のこと、仕事のあれこれに直接触れる機会をもらっています。このことを周りの友人に話すと、よく羨ましがられるものです。

 

そもそも、「入れ歯屋ってなんだ?」と感じる方もいるかと思うので、少し説明を加えると、私の就職予定先では、「入れ歯をアタリマエに」の実現に向け、独自の技術で柔らかい入れ歯の提供や入れ歯関連商品の販売等を行っています。

 

f:id:harukurukurupa-ma:20170202182203j:plain

 

 

そんなある日、社長の口からこぼれたのは、

 

「海外のどこかの街で、入れ歯で困っている人を見つけてきてよ。」

 

なんともざっくりとした言葉。冗談かと思い聞き進めると、

 

「じゃあ、タイの街頭で入れ歯の人を探し出す感じで。」

 

とのこと。どうやら本気で言っているらしい。

一方で内定者ハルカは、

 

「ん?」

 

タイで入れ歯?タイタイ?なにゆえ?そもそもまだ入れ歯のこともよく知らないし、ましてやタイ?タイ語?内定者ってそんなことを任されるポジションの者なのか?入社すらしてもいないただの学生にもかかわらず。もう、わけがわからないよ!

そう考えつつ口走ったのは、

 

「はい、やります。」

 

何をするのかさえ10割程度理解できていない状況ではありましたが、「タイへ行けるのかも」という下心と、「なんかよくわからないけれど、逆に楽しいかもしれない」との考えから、思わず引き受けることに。

蓋を開けてみると、どうやら

 

「海外で入れ歯の人を探し出し、コンフォートにしてもらう」

 

という計画を、内定者の私が、具体的な計画立案から広報まで全てやってみる、といったものでした。ちなみにコンフォートとは、私の就職予定先の提供する、硬い入れ歯の裏面を「生体用シリコーン」というやわらかい素材でコーティングした入れ歯(冒頭で述べた「柔らかい入れ歯」)を指しています。

 

そんなコンフォートのタイ進出に駆り出されたのは、まさかの内定者ハルカでした。

f:id:harukurukurupa-ma:20170202182023j:plain

勢いに任せただけのような企画、その勢いにただ赴くがままに乗ってしまったハルカの今後の行方やいかに!?

 

<つづく>